「恋は緑の風の中」の版間の差分

まどろっこしい文章を整理
(まどろっこしい文章を整理)
 
== 概要 ==
十代半ばに差し掛かった少年によるの、性へのめざ目覚めの戸惑いと妄想、幼なじ馴染である少女との切ない恋を軽妙なタッチで描いた青春ドラマで、『[[雲ながるる果てに]]』、『[[悲しき口笛]]』、『異母兄弟』等で知られた[[独立プロ]]の巨匠・[[家城巳代治]]監督の遺作となったであるブレイク前の[[アリス (フォークグループ)|アリス]]が音楽を担当し、[[原田美枝子]]当時15歳)が本作のヒロイン役としてデビューした
 
== 惹句 ==
 
== ストーリー ==
純一([[佐藤佑介 (1959年生)|佐藤佑介]])14歳の中学二年生である。保健体育担当の藤井先生([[三田佳子]])による性教育の特別授業等から性へ興味を持ち始め、父道夫([[福田豊土]])に[[陰茎恥垢]]のカスを見せびらかしたり、母夏子([[水野久美]])をいきなり押し倒し唇を奪っ重ねたり、幼なじみの雪子([[原田美枝子]])を襲う妄想したりと、するなど行動思考やや暴走気味。そんなある日、雪子が家庭の事情から転校することを知った純一は、雪子のためにクラスメイトと共に行動を起こす。
 
== スタッフ ==
 
== エピソード ==
*[[家城巳代治]]は思春期の性を描いた本作を製作する前に十代の生の意見を伺いたいということで探るべく、[[1971年]]に[[東京都立三鷹高等学校|三鷹高校]]で高校生達を集めたシナリオ朗読会を放課後を利用して実施した。立ち会った当時の高校生ひとり当時映画研究会所属する一介の映画少年だった頃の[[金子修介]]の姿もあった。金子はがおり、「8ミリで映画を撮っている」と家城に言ったころ、'''ほう、お仲間ですな'''」と本気で言っ答えられくれたそうで、それが映画監督を本格的に目指すきっかけになったと、自著『ガメラ監督日記』([[1998年]][[1月10日]][[小学館]]刊)の中で述懐している。
*本作で本格スクリーン・デビューした[[原田美枝子]]当時高校一年生だった。夏休みを利用して神社泊り込みの合宿形式で撮影に参加したが、クランクアップが伸びに伸び大きく遅延して新学期に間に合わず結局学校を休むハメになり更に公開後ヌードシーンが学校で問題になったため、視されて夜間高校へ転校を余儀なくされている。
*本作の舞台となった[[埼玉県]][[深谷市]]で[[2004年]][[10月10日]]から6日間開催された第1回深谷市民映画祭(現・<ref>花の街ふかや映画祭</ref>の初日に、製作から30年振りに本作が無料上映され、当日は原田美枝子がトークショーに招かれた。原田はオファーを引き受ける際「ちょっと恥ずかしいけど。当時、独立プロの作品で予算が無かった中で、深谷市の方々に大変お世話になったので」とコメントしている。
 
== 関連書籍・参考文献 ==
匿名利用者