「RGB21ピン」の版間の差分

編集の要約なし
'''RGB21ピン'''とは、[[アナログ]]で映像・音声を伝送するための[[端子]]の名称。[[フランス]]で標準化された[[SCART端子]]と同一形状であり、る。SCART規格では[[コンポジット映像信号|コンポジット]]、[[RGB]](RGBの代わりに[[S端子]]映像信号を伝送する拡張規格もある)と2チャンネルの音声を伝送することが出来るが、日本ではゲーム機器や一部のパソコンなどのRGB接続手段として使われることが多く、コンポジット接続は省略されたためRGB接続専用端子として「RGB21ピン端子」という名称が多用されている<ref>「RGBマルチ」という名称が使用されているケースもある</ref>。[[電子情報技術産業協会|EIAJ]]で規格化された端子である (EIAJ CPR-1201)。
 
== 概要 ==
日本国内ではMSX2パソコン用モニタやそのモニタ兼用テレビ、PC-9801用モニタの一部機種でこの端子を用意しているものが存在していた。
 
また、[[NTSC]]対応のモニタ(ソニー GVM14/21シリーズ、NEC PC-TVシリーズ、NEC MultiSyncシリーズの一部、シャープ CZ-600系モニタの大多数など)では、複合同期信号を水平同期信号・垂直同期信号に分離する同期分離回路(LM1881Nなど)と、その回路用の変換ケーブルを自作することで、この問題を解消することができた。変換ボックスには市販されているものもある([[マイコンソフト|電波新聞社]]XSYNC-1<ref>[http://www.micomsoft.co.jp/sc-512n1.htm SC-512N1-L/DVI]</ref>など)。
 
[[FM TOWNS]]用の一部モニタでは複合同期信号入力に対応しており、21ピンから15ピンへの変換ケーブルを自作することで表示可能である
 
== 端子配列 ==
匿名利用者