「PlayStation 4」の版間の差分

PS Vita、[[iPhone]]や[[iPad]]、[[Android]]搭載の[[スマートフォン]]や[[タブレット端末]]に専用のソフト「PlayStation App」(プレイステーション アップ)をインストールすることで、ネットワークを通じてそれらの機器を本機と連携した第二の画面として使用できる。
 
ゲームのプレイ中にテレビ画面には納まらない情報を手元の機器で表示したり、フレンドがプレイ中の本機の画面を観覧する、外出時にフレンドのアクティビティを見たりPS Storeで買い物をする等のPS4外部端末としての利用等といった使用方法が挙げられている<ref name="RT1"/><ref>{{cite press release|url=http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20131028_psapp.html|title=「プレイステーション 4」の楽しみ方をさらに広げる専用アプリケーションPlayStation®App北米および欧州での配信日決定。~スマートフォンやタブレットで「プレイステーション 4」(PS4™)との連携や、PSN℠の機能を手軽に利用可能~|date=2013-10-28|publisher=SCE}}</ref>。また、文字入力時にセカンドスクリーン端末のタッチキーボードを使用できことが可能
 
特にPS Vitaとの連携は特別なものであり、システムレベルの連携が考慮されている<ref name="RT1"/>。
対応端末はPS Vita(Vita側要システムソフトウェア3.00以上)とPS Vita TV(PS4側要システムソフトウェア1.70以上、Vita TV側要システムソフトウェア3.15以上)、[[Xperia Z2]]シリーズ(グローバルモデルはAndroid 4.4.4、国内モデルはAndroid 5.0.2アップデートで対応)、[[Xperia Z3]]シリーズ、[[Xperia Z4]]シリーズ、[[Xperia A4]]、Xperia Z5シリーズ、PCやMacなどである<ref>{{Cite web |url=http://gigazine.net/news/20160406-playstation4-pc-remote-play/ |title=PS4がバージョン3.50でPC・Macでのリモートプレイに対応したので実際に試してみた |accessdate=2016-09-10}}</ref><ref>{{cite web|url=http://app.famitsu.com/20140904_434490/|title=Xperia Z3が世界初のPS4リモートプレイに対応|accessdate=2014-9-9}}</ref>。
 
PS3ではリモートプレイ用に転送する映像をCPUで変換する必要などがあり、個別のゲームソフトごとにリモートプレイに対応するため特別な実装を行うなど困難を伴うものであったが、本機ではこの処理をシステム側で対応するようになり、操作ボタン配置の相違などを考慮するだけで対応できるようになった。またPS3では本体のリモートプレイと本体の映像出力を同時に行うことができなかったが、本機では同じ画面を同時に出力する[[ミラーリング]]や、それぞれに個別の画面を出力することなどが可能となっているとされている<ref name="IGN1">{{cite web|url=http://www.ign.com/articles/2013/03/28/playstation-4-the-coolest-stuff-you-probably-didnt-know|title=PlayStation 4: The Coolest Stuff You Probably Didn’t Know|date=2013-03-27|publisher=IGN|author=Greg Miller|language=英語|accessdate=2013-03-28}}</ref>。リモートプレイへの切替は、PS3の時のように予めリモートプレイモードに切り替えるものではなく、何時でも切り替えられるものになっている<ref name="EGN1">{{cite web|url=http://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-inside-playstation-4|title=Inside PlayStation 4 What Sony told game developers at GDC.|date=2013-03-28|publisher=EUROGAMER.net|author=Richard Leadbetter|accessdate=2013-04-01|language=英語}}</ref>。カメラ対応など物理的な理由によるもの等を除いて、ほとんどのPS4専用ソフトをリモートプレイで楽しむことができる<ref>{{cite web|url=http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130222042/|title=PS4でゲームはどう変わるのか。SCE Worldwide Studiosの吉田修平氏インタビュー|publisher=4Gamer.net|author=荒井陽介,noguchi|date=2013-02-22|accessdate=2013-02-24}}</ref>。
 
PS Vita側に存在しないL2/L3/R2/R3ボタンは、前面や背面タッチパッドで代用するなどのカスタマイズも可能なようにPS Vitaの[[クライアント (コンピュータ)|クライアント]]を開発している<ref name="EGN1"/><ref>{{cite web|url=http://manuals.playstation.net/document/jp/psvita/ps4link/index.html|title=PlayStation Vita ユーザーズガイド PS4リンク|accessdate=2013-12-02|publisher=Sony Computer Entertainment Inc. }}</ref>。
 
=== シェア ===
本機は新たに「シェア」機能を搭載している。ゲーム内容は常時録画され、コントローラに新たに設けられた「SHAREボタン」を押すことによって即座に直前数分の動画や写真を切り出して共有できるようになっている他、現在進行中のゲームを配信すること([[実況プレイ]])や、ユーザーはマーカーを元に、録画されたビデオを編集することが可能である(アプリケーション「SHAREfactory」を使うことができる)。
 
フレンド間や他のプレーヤーでゲームプレイ中継が行えるようになり、コメントをリアルタイムで受け取ることも可能である。「[[#セカンドスクリーン|セカンドスクリーン]]」機能によってフレンド側の観戦はPS Vitaに限らずスマートフォン・タブレットにも対応する。
 
ただし、このシェア機能に対しては、ゲーム側の設定により、ネタバレに繋がる等のシーンを公開禁止にしたり、ゲーム中の音声をオフにしたりといった制限を加えることができられるようになっている<ref name="4GN1">{{cite web|url=http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130425111/|title=“魅力”と“可能性”があるから,我々は「PlayStation 4」を作る――SCE吉田修平氏 特別インタビュー|date=2013-04-26|publisher=4Gamer.net|author=TAITAI|accessdate=2013-04-27}}</ref>{{refnest|group="補足"|日本のロンチタイトルでは『[[龍が如く 維新!]]』がメインストーリーモードでシェア機能が無効になっている。闘技場とクリア後の幕末漫遊モードではシェア可能。また『[[真・三國無双7|真・三國無双7 with 猛将伝]]』ではライセンスの関係でゲーム内の音声はシェアできない<ref>{{cite news|title=PS4「真・三國無双7 with 猛将伝」インプレッション&開発者インタビュー!|url=http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140225_636780.html|newspaper=GAME Watch|date=2014-02-25|publisher=[[インプレス]]|accessdate=2014-03-01}}</ref>。また、不適切な表現が含まれる場面では、映像は中断されないが、視聴者側の画面全体が黒い帯で覆われ観ることはできない。性表現を重視したゲームにはこれが顕著。中にはこうした事情により、当初は映像配信が行えたが問題が発覚し行えなくなったゲーム{{要出典|date=2016年4月}}もある。映像やコンテンツの共有機能は本体の機能として提供されるため、開発者がソフトごとに特別なコードを埋め込む必要はなくなっている<ref name="IGN1"/>。}}。
 
{| class="wikitable"
匿名利用者