「野村弘樹」の版間の差分

高校は[[PL学園中学校・高等学校|PL学園]]に入学し{{by|1987年}}、[[桑田泉]]([[桑田真澄]]の実弟)、[[立浪和義]](元[[中日ドラゴンズ|中日]])、[[片岡篤史]](元[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]])、[[橋本清]](元[[読売ジャイアンツ|巨人]])、[[宮本慎也]](元[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]・宮本のみ1学年下)らを揃えた強力チームのエースで4番打者として史上4校目の甲子園春夏連覇を達成した(野村は10試合に登板し6勝0敗を記録)。しかし、高校時代はスタミナがなく、継投により途中降板して左翼手に回ることが多かったが、打つほうでは練習試合も含めて高校通算53本塁打をマークしている。
 
東洋大学への進学も検討したが<ref>[[プロ野球ここだけの話]]第28回「PL学園33期生同窓会 第2弾」</ref>、同年秋の[[1987年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト]]3位指名を受け、前述の古葉監督率いる[[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]]に入団。
 
=== 現役時代 ===