「フッド子爵」の版間の差分

m
{{Reflist}}の文字がつぶれて見づらい
m (-解消仮リンク)
m ({{Reflist}}の文字がつぶれて見づらい)
 
== 歴史 ==
初代子爵である海軍軍人[[サミュエル・フッド]]提督<small>(1724–1816)</small>は、[[アメリカ独立戦争]]や[[フランス革命戦争|対フランス戦争]]でイギリス海軍の指揮を執った人物である{{sfn|松村赳|富田虎男|2000|p=335}}。彼は[[1778年]][[5月19日]]にグレートブリテン準男爵位「'''(サウサンプトン州におけるキャサリントンの)[[準男爵]]'''(Baronet styled "of Catherington in the County of Southampton")」、[[1782年]][[9月2日]]に[[アイルランド貴族]]爵位「'''サウサンプトン州におけるキャサリントンのフッド男爵'''(Baron Hood, of Catherington in the County of Southampton)」、[[1796年]][[6月1日]]に[[グレートブリテン貴族]]爵位「'''ウォリック州におけるホワイトリーのフッド子爵'''(Viscount Hood, of Whitley in the County of Warwick)」に叙せられた<ref name="thepeerage.com">{{Cite web |url=http://thepeerage.com/p15206.htm#i152055 |title=Admiral Samuel Hood, 1st Viscount Hood of Whitley|accessdate= 2015-12-21 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref><ref name="CP VH">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/hood1796.htm|title=Hood, Viscount (GB, 1796)|accessdate= 2015-12-21 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref>。また彼の妻である[[スザンナ・フッド (初代フッド女男爵)|スザンナ]]<small>(-1806)</small>も[[1795年]][[3月27日]]に彼女の男系男子への特別継承権を認めたグレートブリテン貴族爵位「'''サウサンプトン州におけるキャサリントンのフッド女男爵'''(Baroness Hood, of Catherington in the County of Southampton)」に叙されている<ref name="CP VH" /><ref name="thepeerage.com2">{{Cite web |url=http://thepeerage.com/p48038.htm#i480375 |title=Susannah Linzee, Baroness Hood of Catherington|accessdate= 2015-12-21 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。
 
これらの爵位は彼らの男系男子によって現在まで継承されている。2015年現在の当主は第8代フッド子爵[[ヘンリー・フッド (第8代フッド子爵)|ヘンリー・フッド]]<small>(1958-)</small>である<ref name="CP VH" /><ref name="thepeerage.com3">{{Cite web |url=http://thepeerage.com/p9359.htm#i93586 |title=Henry Lyttelton Alexander Hood, 8th Viscount Hood of Whitley|accessdate= 2015-12-21 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。
 
== 現当主の保有爵位/準男爵位 ==
現在の当主8代フッド子爵[[ヘンリー・フッド (第8代フッド子爵)|ヘンリー・フッド]]は、以下の爵位・準男爵位を保有している<ref name="CP VH" /><ref name="thepeerage.com3" />。
 
*ウォリック州におけるホワイトリーの'''第8代フッド子爵''' <small>(8th Viscount Hood, of Whitley in the County of Warwick)</small>
*3代フッド子爵[[サミュエル・フッド=ティベッツ (第3代フッド子爵)|サミュエル・フッド=ティベッツ]] (1808–1846)
*4代フッド子爵[[フランシス・フッド (第4代フッド子爵)|フランシス・ホイラー・フッド]] (1838–1907)
*5代フッド子爵[[グローヴナー・フッド (第5代フッド子爵)|グローヴナー・アーサー・アレグザンダー・フッド ]] (1868–1933)
*6代フッド子爵{{仮リンク|サミュエル・フッド (第6代フッド子爵)|label=サミュエル・フッド|en|Samuel Hood, 6th Viscount Hood}} (1910–1981)
*7代フッド子爵[[アレグザンダー・フッド (第7代フッド子爵)|アレグザンダー・ランバート・フッド]] (1914–1999)
== 脚注 ==
<!--=== 注釈 ===
{{reflistReflist|group=注釈|1}}-->
=== 出典 ===
{{Reflist|1}}
<div class="references-small"><!-- references/ -->{{reflist|1}}</div>
== 参考文献 ==
*{{Cite book|和書|author1=[[松村赳]] |author2=[[富田虎男]]|dateyear=2000年(平成12年)|title=英米史辞典|publisher=[[研究社]]|isbn=978-4767430478|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==