「車掌」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses||『[[銀河鉄道999]]』の登場人物の車掌|車掌 (銀河鉄道999)}}
{{複数の問題
|出典の明記 = 2017年4月
|国際化=2007年3月|領域=[[日本]]
|独自研究 = 2010年9月}}
}}
[[File:RussianConductor.jpg|thumb|200px|right|[[ロシア鉄道]]の車掌]]
[[File:Pruvodci CD.jpg|thumb|200px|right|[[チェコ鉄道]]の車掌]]
'''車掌'''(しゃしょう、{{Lang-en|conductor}}、{{En|guard}})とは、[[鉄道]]・[[バス (交通機関)|バス]]などの交通機関における[[乗務員]]の職制の一つである。
 
== 概要車掌の業務 ==
=== 概要 ===
車掌は、[[機関士]]・[[運転士]]などの車両を直接運転する業務以外で、円滑な旅客・貨物輸送の確保にあたる乗務員である。世界的に共通して次の業務に従事する。
 
高速輸送機関においては、扉の開閉操作および車内放送を行うためだけに車掌を乗務させているケースがある。現代においては自動化・合理化の進捗によって「[[ワンマン運転]]」が広く普及し、車掌乗務を廃止する交通機関も多い。
 
==== 日本における車掌具体的業務 ====
==== 鉄道 ====
[[日本]]においては、鉄道における"conductor"の訳語に「車両を管掌する」役職名として「車掌」の名称をあてた。明治から大正期にかけては、英会話など特別な素養を持つ者を優等列車の車掌業務に従事させる「列車長」の職制も設けられた。
 
[[日本国有鉄道]]では、車掌区に所属し旅客列車および貨物列車に乗務する営業職の「車掌」および「車掌長」のほか、車掌区および貨車区・客貨車区に所属し貨物列車に乗務する運転職の「列車係」(1973年職制改正以前は"列車掛"と表記)の職制があった。また車掌のうち旅客列車にのみ乗務する車掌を「乗客扱い専務車掌」と呼称した。
 
[[1971年]]に[[関東鉄道]][[竜ヶ崎線]]と[[日立電鉄]]でワンマン運転を始めたのを皮切りに、閑散線区などの合理化策として私鉄各社に車掌乗務の廃止が広まった。国鉄も[[1986年]]に貨物列車における車掌・列車係の乗務を廃止し、民営化後の[[1988年]]以降は、旅客列車においても車掌乗務を廃止する線区が拡大している。また、運転士が運転乗務の間合いに車掌として乗務する兼任制度を取り入れている事業者も増えている。
 
; 会社境界を跨ぐ越境乗務
: 鉄道事業者によって異なるが、長距離を走る列車の運転士が約2時間で交代するのに対し、車掌は終点まで長時間乗務することがある。JR各社では、昼行列車においては旧国鉄時代からの流れで新幹線を除く優等列車のみ異なる会社の路線への越境乗務が存在し、夜行列車においては更に広域の乗務<ref>例として、大阪車掌区はJR化後も青森や南宮崎までの乗務が存在した。</ref>が存在したが前者は2004年3月13日までで、後者は2015年3月14日を最後に翌日以降は運転区間内のJR会社の車掌が分担して乗務する運用に変更されたことから、現在、越境乗務を行っている列車はごく一部に限られている<ref>JRの例として、(ワイドビュー)南紀・みえ(JR東海の車掌が伊勢鉄道伊勢線内も乗務)/かがやき・はくたか(JR西日本の車掌が上越妙高~長野間も乗務)/しなのサンライズ・しなのサンセット([[しなの鉄道]]の車掌が信越本線[[篠ノ井駅|篠ノ井]]~[[長野駅|長野]]間も乗務)/スーパーはくと(智頭急行の車掌が山陰本線倉吉~因美線智頭間も乗務)が該当する。</ref>。なお、同じJRの中で担当エリア外への越境乗務は、優等列車を中心に行われている。民鉄でも運用上の理由で異なる鉄道事業者路線への越境乗務を行う例(近鉄~阪神直通列車の乗務員は境界の[[大阪難波駅]]ではなく、その次の[[阪神なんば線]][[桜川駅 (大阪府)|桜川駅]]で交代。[[南海高野線]]~[[泉北高速鉄道線]]へ直通運転する特急[[泉北ライナー]]や[[区間急行]]は、南海の乗務員が泉北高速鉄道線内を通しで乗務する)も存在する。
 
==== 路線バス・路面電車 ====
路線バスや[[路面電車]]など鉄道以外の公共交通機関でも一般的に車掌が乗務したが、合理化の一環として1960年代以降急速にワンマン運転が普及して廃れ、現在の車掌乗務は[[広島電鉄]]・[[熊本市交通局]]の"連接車"運用などごく一部でしか見ることができない。なお、[[東京急行電鉄|東急]][[東急世田谷線|世田谷線]]も2人乗務しているが、車両後部に乗務しているのは車掌資格をもたない案内係や[[警備員]]である。
 
=== 北米における車掌 ===
[[File:Amtrak Downeaster conductor standing in Amfleet car doorway.jpg|thumb|200px|right|[[アムトラック]](全米鉄道旅客公社)の車掌]]
[[File:BN_caboose,_Eola_Yard,_1993.jpg|thumb|200px|right|米国特有の「カブース」(車掌車)(画像は[[バーリントン・ノーザン鉄道]])]]
[[File:Inside_Caltrain.JPG|thumb|200px|right|1階から2階の乗客の検札もできる「ギャラリーカー」(画像は[[カルトレイン]])]]
[[米国]]・[[カナダ]]における車掌は「コンダクター」(conductor)と呼称される。列車に乗務する制動手(breakman)、誘導手(flagman)、アシスタントコンダクター、サービス乗務員などを管理監督する職制で、運行規則に基づいた安全かつ効率的な列車運行の責任を機関士と同一に負う。
 
発車合図の"'''All aboard!'''"(皆さんご乗車ください)の掛け声が特徴的であり、[[アムトラック]]の[[CM]]など随所で鉄道を代表する台詞として用いられている。
 
米国の長距離列車を一手に引き受けるアムトラックの場合、寝台客車は各車両に車掌が詰め、車内治安の維持<ref>アムトラックの寝台車には、寝台券を持つ旅客しか立ち入りが認められていない。</ref>、寝台のセット、解体など旅客へのサービスを手厚く行う。各寝台個室にはコールボタンが設置され、旅客の要求に応じ随時駆けつける。[[大陸横断鉄道|大陸横断列車]]など[[シカゴ]]以西の長距離列車で用いられる[[スーパーライナー (客車)|スーパーライナー]]はドアが手動扱いであり、このドア扱いも車掌の大切な仕事である。
 
貨物列車では初期より、貨物列車後尾に連結された[[車掌車]](カブース)に後部制動手および後部誘導手とともにコンダクターが乗務するのが一般的であった。このカブースは中央部を一段高くしたり[[出窓]]を設けることで車掌が編成の異常を直ぐ確認できるようになっているものが多く、その特徴的な外観から[[アメリカの鉄道]]の象徴的存在であったが、合理化によるカブースの廃止で先頭機関車に乗務するようになり、同時に前部・後部のブレーキマンやフラッグマンなど車掌配下の職制が消滅した。現在の貨物列車は1機関士1車掌乗務が標準的で、コンダクターは機関士登用への1段階と扱われるが、一方で合理化の進展により、コンダクター職を廃止しようとする動きが根強くある。
 
[[地下鉄]]のような都市内完結の旅客列車では多くの事業者でコンダクターを廃したワンマン運転(OPTO)を採用しているが、[[ニューヨーク市地下鉄]]や[[トロント交通局]]のようにワンマン運転を採用せずに車掌乗務を続けている事業者もある。[[シカゴ]]の[[サウスショアー線]]のように、日本ではあまり見られなくなったパンチ式の[[補充券]]を車掌が発行している事業者もある。
 
[[シカゴ]]の[[通勤列車]](現[[メトラ]])から全米に広まった{{仮リンク|ギャラリーカー|en|Gallery cars}}と呼ばれる2階建て客車は、中央部を吹き抜けとすることで、1階部分と2階部分の両方の旅客を車掌が検札できるようになっている。
 
=== 英国における車掌 ===
[[英国]]・[[オーストラリア]]などにおける車掌は、[[駅馬車]]時代の乗務員に由来して「ガード」(guard)と呼称される。[[20世紀]]後半までは乗務列車のダイヤ確認や運行の安全確保、荷貨物の取り扱いなどが主な業務で、運賃収受業務はガードとは別の「検札官」(travelling ticket inspector)が担当していたが、近年では主にガードが検札・集改札業務も行っている。
 
英国国鉄では旅客・貨物列車の乗務別に複数の職制に分けられていた。職制における「ガード」は乗客に接する業務は行えず、旅客対応は「コンダクター=ガード」(conductor-guard)または「コンダクター」(conductor)の職制の車掌が行った。また長距離列車では職制とは別に「シニア・コンダクター」(senior conductor)の呼称を用いた。
 
現在の英国では、一部の民間旅客列車運行事業者がシニア・コンダクターに代わって「トレイン・マネジャー」(train manager)の呼称を用いているケースがあるが、鉄道安全基準審議会(RSSB)が定める公式の車掌職名はいまも「ガード」である。
 
== 業務 ==
* 旅客用[[扉|ドア]]の開閉([[プラットホーム|ホーム]]、[[停留所]]の安全確認、監視を含む)。
** 鉄道の車掌は、列車が発着するときは、車掌は常に[[非常ブレーキ]]に手をかけ、万一の場合、それを扱って列車を非常停止させる。特に、[[運転士]]が目視で安全を確認できない運転席より後方の監視が重要となる。
** 監視中に列車設備に異常を発見し、それが運転に支障となる場合、直ちに運転士や指令所に報告、指示および復旧の支援を行うこともある。
** 車内の[[犯罪]]や[[迷惑行為]]の防止(秩序の維持)に必要な各種措置も行う。具体的には啓発放送など。迷惑行為に対して車掌が旅客に注意することも仕事の一環である。
 
==== 保安要員との違い ====
[[仙台市営バス]]や[[じょうてつ]]バスにおける[[狭隘路線]]通行の安全確保の見地から係員が添乗する路線があるが、これは「保安要員」であり、車掌ではない。しかし、この2社も保安要員添乗以前は車掌として添乗していた。ワンマン運転の認可条件として添乗が求められていた。車掌と異なり、狭隘区間のみ乗務させればいいので、人員の合理化が図れる。
 
=== 鉄道における車掌の役割の変化 ===
車掌が乗務するバスにおいて、警報機のない[[踏切]]を通過する際と、車両後退時の誘導は必須義務である(必ず誘導しなければいけない)。
 
== 日本における車掌 ==
=== 保安要員 ===
=== 鉄道 ===
[[仙台市営バス]]や[[じょうてつ]]バスにおける[[狭隘路線]]通行の安全確保の見地から係員が添乗する路線があるが、これは「保安要員」であり、車掌ではない。しかし、この2社も保安要員添乗以前は車掌として添乗していた。ワンマン運転の認可条件として添乗が求められていた。車掌と異なり、狭隘区間のみ乗務させればいいので、人員の合理化が図れる。
[[日本]]においては、鉄道における"conductor"の訳語に「車両を管掌する」役職名として「車掌」の名称をあてた。明治から大正期にかけては、英会話など特別な素養を持つ者を優等列車の車掌業務に従事させる「列車長」の職制も設けられた。
 
[[日本国有鉄道]]では、車掌区に所属し旅客列車および貨物列車に乗務する営業職の「車掌」および「車掌長」のほか、車掌区および貨車区・客貨車区に所属し貨物列車に乗務する運転職の「列車係」(1973年職制改正以前は"列車掛"と表記)の職制があった。また車掌のうち旅客列車にのみ乗務する車掌を「乗客扱い専務車掌」と呼称した。
== 登用 ==
 
[[1971年]]に[[関東鉄道]][[竜ヶ崎線]]と[[日立電鉄]]でワンマン運転を始めたのを皮切りに、閑散線区などの合理化策として私鉄各社に車掌乗務の廃止が広まった。国鉄も[[1986年]]に貨物列車における車掌・列車係の乗務を廃止し、民営化後の[[1988年]]以降は、旅客列車においても車掌乗務を廃止する線区が拡大している。また、運転士が運転乗務の間合いに車掌として乗務する兼任制度を取り入れている事業者も増えている。
 
==== 乗務位置 ====
鉄道の場合、車掌が乗務をする車掌室は通常、列車最後部の乗務員室で行うが、無人駅で出入り口が進行方向前面にある場合に乗車券の回収を行うなどの目的で列車最前部の乗務員室に移動することもある。新幹線・特急列車・[[北海道旅客鉄道|JR北海道]]の快速[[エアポート (列車)|エアポート]]・[[名鉄特急]]などでは、編成中間部に設けられている車掌室で業務を行っている。この車掌室は[[グリーン車]]等の[[特別席]]が装備されている車両に入っていることが多い。また特急列車のうち、[[踊り子 (列車)|踊り子]]・[[ひたち (列車)|ひたち]]等をはじめとした車両構造(非貫通先頭車)によって通り抜けができない列車については、特急券等のチェックのために別編成にも車掌が乗務している。また車両が連結されている場合連結部に乗務していることもある。
 
[[ケーブルカー]]についてはこの例に倣わない。車両先頭の乗務員は、運転士ではなく車掌である。運転士は山頂駅にいる。これは機関部が山頂駅にあり、車両がケーブルで巻き揚げられたり下ろされたりするからである。
 
==== 乗務人数 ====
日本の場合、たいていは1列車に対して1人乗務だが、特急(夜行列車を含む)や新幹線などの編成が長い列車や乗客の多い列車などでは2人以上が乗務し、仕事を分担している。国鉄時代の優等列車では車掌長と専務車掌(と運転車掌)の組み合わせで乗務することが多く、夜行列車では案内や寝台の組み立て・解体を担当する'''車掌補(列車給仕)'''も乗務していた。
 
==== 出発合図 ====
{{main|鉄道合図#出発合図}}
車掌は列車の出発準備ができたとき、出発させるとき、運転士に'''出発合図'''を送ることになっている。
 
車掌は、原則として、列車最後部がホーム先端を通過するまでは、非常ブレーキスイッチ(引き紐の通っているパイプである事が多い。一部では車内ブザースイッチ、車内電鈴スイッチ)に手をかけ、いつでも非常ブレーキがかけられるようにしながら、乗務員室の扉についている窓からホームを監視する([[京浜急行電鉄]]の12両編成以外の列車、[[都営地下鉄浅草線|都営浅草線]]、[[札幌市営地下鉄南北線]]など一部では乗務員室の扉を閉めず車掌が半ばホームに身を乗り出した状態で行う)。その後、ホームに異常が無い事を指差確認し、放送などの次の業務に移る。
<!-- 項目新設のため移動、内容が疑問・蛇足な記述はここにコメントアウト化
; [[東海道新幹線]]・[[山陽新幹線]]
: 出発合図は代用保安方式または伝令法により列車を出発させるときに使用されるもので、駅係員が運転士に対して行う合図となっている(普段は駅係員からの'''[[客扱終了合図]]'''によって車掌がドアを閉めることにより、運転台戸閉めランプの点灯をもって発車合図とし、運転士は車内信号、前方確認をして列車を進行させる)。
; 私鉄各社の電車・気動車列車
: 名古屋鉄道は、近年導入の新型車両で電鈴のかわりにブザーが搭載され、車内ブザー短音二打式による合図となっている。電鈴搭載の車両も存在し、現在は両方が混在している状態である。
: [[名鉄犬山線]]、[[名鉄豊田線]]と[[名古屋市交通局]][[名古屋市営地下鉄鶴舞線|鶴舞線]]を相互直通する車両は、名古屋市交通局の発車合図方式に対応した車内ブザー、名鉄の発車合図方式に対応した電鈴両方を搭載し、運転区間切替スイッチにより、同じ合図ボタンでも、名鉄区間では電鈴、地下鉄区間ではブザーが動作するようになっている。
: [[阪神なんば線]]と近鉄[[近鉄難波線|難波線]]・[[近鉄奈良線|奈良線]]の相互乗り入れでは阪神線内と近鉄線内を相互直通運転に対応している車両は、上記と同じく阪神の発車合図方式に対応した電鈴、近鉄の発車合図方式に対応した電鈴両方を搭載し、運転区間切替スイッチにより、同じ合図ボタンでも、それぞれの区間で電鈴が動作する様になっている、ただし、切替は両社の境界駅の大阪難波駅でなく、両社の乗務員が交代する阪神なんば線桜川駅で行う。
-->
 
==== 車掌の復活 ====
観光案内、レトロ感の演出のため、ワンマン運転が可能な路線にあえて車掌を乗務させている例もある。
 
* 路面電車の例
** [[土佐電気鉄道]]の外国電車でワンマン機器を搭載していない車両では、車掌が乗務している。
** [[広島電鉄]]のレトロ電車では、単車ながら、レトロ感演出のためにワンマン機器を搭載されておらず、車掌が乗務している。なお同社では[[広島電鉄1000形電車 (2代)|1000形]]以外の全ての連節車に車掌が乗務しているが、これは全長30mの車輛で運賃収受を行う降車口を複数確保するためで、特に観光用途としての意図がある訳ではない。アルバイト募集が随時行われている。
** 函館市電のレトロ列車「箱館ハイカラ號」では、広島電鉄のレトロ列車と同じ理由で、車掌が乗務する。
* 路線バスの例
** [[神戸交通振興]]が運行しているKOBE CITY LOOP(観光周遊バス)ではレトロ感の演出と観光案内のため車掌が乗務する。運賃収受、1日乗車券の発売のほか、ドア扱いも担当する。
 
==== 会社境界を跨ぐ越境乗務 ====
鉄道事業者によって異なるが、長距離を走る列車の運転士が約2時間で交代するのに対し、車掌は終点まで長時間乗務することがある。JR各社では、昼行列車においては旧国鉄時代からの流れで新幹線を除く優等列車のみ異なる会社の路線への越境乗務が存在し、夜行列車においては更に広域の乗務<ref>例として、大阪車掌区はJR化後も青森や南宮崎までの乗務が存在した。</ref>が存在したが前者は2004年3月13日までで、後者は2015年3月14日を最後に翌日以降は運転区間内のJR会社の車掌が分担して乗務する運用に変更されたことから、現在、越境乗務を行っている列車はごく一部に限られている<ref>JRの例として、(ワイドビュー)南紀・みえ(JR東海の車掌が伊勢鉄道伊勢線内も乗務)/かがやき・はくたか(JR西日本の車掌が上越妙高~長野間も乗務)/しなのサンライズ・しなのサンセット([[しなの鉄道]]の車掌が信越本線[[篠ノ井駅|篠ノ井]]~[[長野駅|長野]]間も乗務)/スーパーはくと(智頭急行の車掌が山陰本線倉吉~因美線智頭間も乗務)が該当する。</ref>。なお、同じJRの中で担当エリア外への越境乗務は、優等列車を中心に行われている。民鉄でも運用上の理由で異なる鉄道事業者路線への越境乗務を行う例(近鉄~阪神直通列車の乗務員は境界の[[大阪難波駅]]ではなく、その次の[[阪神なんば線]][[桜川駅 (大阪府)|桜川駅]]で交代。[[南海高野線]]~[[泉北高速鉄道線]]へ直通運転する特急[[泉北ライナー]]や[[区間急行]]は、南海の乗務員が泉北高速鉄道線内を通しで乗務する)も存在する。
 
==== 電報略号 ====
[[電報略号 (鉄道)|電報略号]]で車掌のことを「レチ」という.。<!--が、「レチ=列車長」の略で 「車掌=列車長」というのは誤りである。
これは昔の「電報略号」で、「エチ」が駅長(エキチョウ)の略であったため、「レチ」(車掌)も列車長の略、と勘違いした鉄道雑誌執筆者が居たために間違って広まったものである{{要出典|date=2015年12月}}。
「レチ」は旧仮名遣いの「列車乗務員」(レツシヤ ヂヤウムイン)の略であるという説{{要出典|date=2015年10月|title=旧仮名遣いは「レツシヤジョウムヰン」ではなかろうか。しかし列車長の略でもなかろう。レチチという言葉あるのだから。}}もあるが、正しくはレツシヤジョウムヰンと表記するため、この説も疑問である。いずれにせよ「車掌=列車長」とはならない。
なお、-->国鉄時代は他に荷物列車を担当する荷扱い車掌を「ニレチ」、車掌長を「レチチ」(レチ'''チ'''ョウまたは'''チ'''ーフの略)、専務車掌は「カレチ」(リョ'''カ'''クセンム'''レチ'''の略)と呼んでいた。
レチの語源は「列車長」であるとか、「列車乗務員」であるとか言われている。しかし後者の旧仮名遣いは「レツシヤジョウムヰン」であって、文字列に「チ」を含まない。
 
=== 路線バス・路面電車 ===
路線バスや[[路面電車]]など鉄道以外の公共交通機関でも一般的に車掌が乗務したが、合理化の一環として1960年代以降急速にワンマン運転が普及して廃れ、現在の車掌乗務は[[広島電鉄]]・[[熊本市交通局]]の"連接車"運用などごく一部でしか見ることができない。なお、[[東京急行電鉄|東急]][[東急世田谷線|世田谷線]]も2人乗務しているが、車両後部に乗務しているのは車掌資格をもたない案内係や[[警備員]]である。
 
== 北米における車掌 ==
[[File:Amtrak Downeaster conductor standing in Amfleet car doorway.jpg|thumb|200px|right|[[アムトラック]](全米鉄道旅客公社)の車掌]]
[[File:BN_caboose,_Eola_Yard,_1993.jpg|thumb|200px|right|米国特有の「カブース」(車掌車)(画像は[[バーリントン・ノーザン鉄道]])]]
[[File:Inside_Caltrain.JPG|thumb|200px|right|1階から2階の乗客の検札もできる「ギャラリーカー」(画像は[[カルトレイン]])]]
[[米国]]・[[カナダ]]における車掌は「コンダクター」(conductor)と呼称される。列車に乗務する制動手(breakman)、誘導手(flagman)、アシスタントコンダクター、サービス乗務員などを管理監督する職制で、運行規則に基づいた安全かつ効率的な列車運行の責任を機関士と同一に負う。
 
発車合図の"'''All aboard!'''"(皆さんご乗車ください)の掛け声が特徴的であり、[[アムトラック]]の[[CM]]など随所で鉄道を代表する台詞として用いられている。
 
米国の長距離列車を一手に引き受けるアムトラックの場合、寝台客車は各車両に車掌が詰め、車内治安の維持<ref>アムトラックの寝台車には、寝台券を持つ旅客しか立ち入りが認められていない。</ref>、寝台のセット、解体など旅客へのサービスを手厚く行う。各寝台個室にはコールボタンが設置され、旅客の要求に応じ随時駆けつける。[[大陸横断鉄道|大陸横断列車]]など[[シカゴ]]以西の長距離列車で用いられる[[スーパーライナー (客車)|スーパーライナー]]はドアが手動扱いであり、このドア扱いも車掌の大切な仕事である。
 
貨物列車では初期より、貨物列車後尾に連結された[[車掌車]](カブース)に後部制動手および後部誘導手とともにコンダクターが乗務するのが一般的であった。このカブースは中央部を一段高くしたり[[出窓]]を設けることで車掌が編成の異常を直ぐ確認できるようになっているものが多く、その特徴的な外観から[[アメリカの鉄道]]の象徴的存在であったが、合理化によるカブースの廃止で先頭機関車に乗務するようになり、同時に前部・後部のブレーキマンやフラッグマンなど車掌配下の職制が消滅した。現在の貨物列車は1機関士1車掌乗務が標準的で、コンダクターは機関士登用への1段階と扱われるが、一方で合理化の進展により、コンダクター職を廃止しようとする動きが根強くある。
 
[[地下鉄]]のような都市内完結の旅客列車では多くの事業者でコンダクターを廃したワンマン運転(OPTO)を採用しているが、[[ニューヨーク市地下鉄]]や[[トロント交通局]]のようにワンマン運転を採用せずに車掌乗務を続けている事業者もある。[[シカゴ]]の[[サウスショアー線]]のように、日本ではあまり見られなくなったパンチ式の[[補充券]]を車掌が発行している事業者もある。
 
[[シカゴ]]の[[通勤列車]](現[[メトラ]])から全米に広まった{{仮リンク|ギャラリーカー|en|Gallery cars}}と呼ばれる2階建て客車は、中央部を吹き抜けとすることで、1階部分と2階部分の両方の旅客を車掌が検札できるようになっている。
 
== 英国における車掌 ==
[[英国]]・[[オーストラリア]]などにおける車掌は、[[駅馬車]]時代の乗務員に由来して「ガード」(guard)と呼称される。[[20世紀]]後半までは乗務列車のダイヤ確認や運行の安全確保、荷貨物の取り扱いなどが主な業務で、運賃収受業務はガードとは別の「検札官」(travelling ticket inspector)が担当していたが、近年では主にガードが検札・集改札業務も行っている。
 
英国国鉄では旅客・貨物列車の乗務別に複数の職制に分けられていた。職制における「ガード」は乗客に接する業務は行えず、旅客対応は「コンダクター=ガード」(conductor-guard)または「コンダクター」(conductor)の職制の車掌が行った。また長距離列車では職制とは別に「シニア・コンダクター」(senior conductor)の呼称を用いた。
 
現在の英国では、一部の民間旅客列車運行事業者がシニア・コンダクターに代わって「トレイン・マネジャー」(train manager)の呼称を用いているケースがあるが、鉄道安全基準審議会(RSSB)が定める公式の車掌職名はいまも「ガード」である。
 
== 車掌の登用 ==
{{独自研究|section=1|date=2010年9月13日 (月) 04:51 (UTC)}}
交通機関の設備の近代化が進むと同時に、労働関連の法改正もあり車掌の[[雇用]]形態は多様化し、[[契約社員]]や[[社員|パートタイマー]]として雇用される車掌が多くなっている。また、鉄道会社の非現業正社員(営業・企画などの事務職員、車両保守や保線などの工務職員など)も、[[OJT]]および職場訓練の一環として、車掌を経験させる場合もある。
=== ケーブルカー・ロープウェイ ===
当該企業等の募集広告などを見つけて応募する。ガイドとして募集されていることも多い。
 
== 乗務位置 ==
鉄道の場合、車掌が乗務をする車掌室は通常、列車最後部の乗務員室で行うが、無人駅で出入り口が進行方向前面にある場合に乗車券の回収を行うなどの目的で列車最前部の乗務員室に移動することもある。新幹線・特急列車・[[北海道旅客鉄道|JR北海道]]の快速[[エアポート (列車)|エアポート]]・[[名鉄特急]]などでは、編成中間部に設けられている車掌室で業務を行っている。この車掌室は[[グリーン車]]等の[[特別席]]が装備されている車両に入っていることが多い。また特急列車のうち、[[踊り子 (列車)|踊り子]]・[[ひたち (列車)|ひたち]]等をはじめとした車両構造(非貫通先頭車)によって通り抜けができない列車については、特急券等のチェックのために別編成にも車掌が乗務している。また車両が連結されている場合連結部に乗務していることもある。
 
[[ケーブルカー]]についてはこの例に倣わない。車両先頭の乗務員は、運転士ではなく車掌である。運転士は山頂駅にいる。これは機関部が山頂駅にあり、車両がケーブルで巻き揚げられたり下ろされたりするからである。
 
== 乗務人数 ==
日本の場合、たいていは1列車に対して1人乗務だが、特急(夜行列車を含む)や新幹線などの編成が長い列車や乗客の多い列車などでは2人以上が乗務し、仕事を分担している。国鉄時代の優等列車では車掌長と専務車掌(と運転車掌)の組み合わせで乗務することが多く、夜行列車では案内や寝台の組み立て・解体を担当する'''車掌補(列車給仕)'''も乗務していた。
 
== 電報略号 ==
[[電報略号 (鉄道)|電報略号]]で車掌のことを「レチ」という.。<!--が、「レチ=列車長」の略で 「車掌=列車長」というのは誤りである。
これは昔の「電報略号」で、「エチ」が駅長(エキチョウ)の略であったため、「レチ」(車掌)も列車長の略、と勘違いした鉄道雑誌執筆者が居たために間違って広まったものである{{要出典|date=2015年12月}}。
「レチ」は旧仮名遣いの「列車乗務員」(レツシヤ ヂヤウムイン)の略であるという説{{要出典|date=2015年10月|title=旧仮名遣いは「レツシヤジョウムヰン」ではなかろうか。しかし列車長の略でもなかろう。レチチという言葉あるのだから。}}もあるが、正しくはレツシヤジョウムヰンと表記するため、この説も疑問である。いずれにせよ「車掌=列車長」とはならない。
なお、-->国鉄時代は他に荷物列車を担当する荷扱い車掌を「ニレチ」、車掌長を「レチチ」(レチ'''チ'''ョウまたは'''チ'''ーフの略)、専務車掌は「カレチ」(リョ'''カ'''クセンム'''レチ'''の略)と呼んでいた。
レチの語源は「列車長」であるとか、「列車乗務員」であるとか言われている。しかし後者の旧仮名遣いは「レツシヤジョウムヰン」であって、文字列に「チ」を含まない。
 
== 車掌の復活 ==
観光案内、レトロ感の演出のため、ワンマン運転が可能な路線にあえて車掌を乗務させている例もある。
 
* 路面電車の例
** [[土佐電気鉄道]]の外国電車でワンマン機器を搭載していない車両では、車掌が乗務している。
** [[広島電鉄]]のレトロ電車では、単車ながら、レトロ感演出のためにワンマン機器を搭載されておらず、車掌が乗務している。なお同社では[[広島電鉄1000形電車 (2代)|1000形]]以外の全ての連節車に車掌が乗務しているが、これは全長30mの車輛で運賃収受を行う降車口を複数確保するためで、特に観光用途としての意図がある訳ではない。アルバイト募集が随時行われている。
** 函館市電のレトロ列車「箱館ハイカラ號」では、広島電鉄のレトロ列車と同じ理由で、車掌が乗務する。
* 路線バスの例
** [[神戸交通振興]]が運行しているKOBE CITY LOOP(観光周遊バス)ではレトロ感の演出と観光案内のため車掌が乗務する。運賃収受、1日乗車券の発売のほか、ドア扱いも担当する。
 
== 車掌の服装 ==
* 運転士と車掌の服装が違う鉄道会社も多く、普通列車と優等列車で服装が違う場合もある。
** [[東日本旅客鉄道|JR東日本]]では、基本スタイルは似ているものの、運転士は、運転機器の操作がしやすいよう腕の[[裾]]が広めにとってある。一方車掌は、接客業務を主体とするため、裾は普通に仕上げられている。また、車掌は扉操作や発車合図のために列車を降りることが多く、同社首都圏近郊の電車乗務の車掌は、コートの着用が常に許可されている場合もある。またJR北海道、JR東海の夏服は、普通列車用と特急・新幹線等の優等列車用で異なり、優等列車用は通気性の良い白い背広付きの制服を着用する<ref>在来線では優等列車乗務だけでなく、間合い乗務で普通列車に白い制服のまま乗務することがある。</ref>。
 
 
 
== 出発合図 ==
{{main|鉄道合図#出発合図}}
車掌は列車の出発準備ができたとき、出発させるとき、運転士に'''出発合図'''を送ることになっている。
 
車掌は、原則として、列車最後部がホーム先端を通過するまでは、非常ブレーキスイッチ(引き紐の通っているパイプである事が多い。一部では車内ブザースイッチ、車内電鈴スイッチ)に手をかけ、いつでも非常ブレーキがかけられるようにしながら、乗務員室の扉についている窓からホームを監視する([[京浜急行電鉄]]の12両編成以外の列車、[[都営地下鉄浅草線|都営浅草線]]、[[札幌市営地下鉄南北線]]など一部では乗務員室の扉を閉めず車掌が半ばホームに身を乗り出した状態で行う)。その後、ホームに異常が無い事を指差確認し、放送などの次の業務に移る。
<!-- 項目新設のため移動、内容が疑問・蛇足な記述はここにコメントアウト化
; [[東海道新幹線]]・[[山陽新幹線]]
: 出発合図は代用保安方式または伝令法により列車を出発させるときに使用されるもので、駅係員が運転士に対して行う合図となっている(普段は駅係員からの'''[[客扱終了合図]]'''によって車掌がドアを閉めることにより、運転台戸閉めランプの点灯をもって発車合図とし、運転士は車内信号、前方確認をして列車を進行させる)。
; 私鉄各社の電車・気動車列車
: 名古屋鉄道は、近年導入の新型車両で電鈴のかわりにブザーが搭載され、車内ブザー短音二打式による合図となっている。電鈴搭載の車両も存在し、現在は両方が混在している状態である。
: [[名鉄犬山線]]、[[名鉄豊田線]]と[[名古屋市交通局]][[名古屋市営地下鉄鶴舞線|鶴舞線]]を相互直通する車両は、名古屋市交通局の発車合図方式に対応した車内ブザー、名鉄の発車合図方式に対応した電鈴両方を搭載し、運転区間切替スイッチにより、同じ合図ボタンでも、名鉄区間では電鈴、地下鉄区間ではブザーが動作するようになっている。
: [[阪神なんば線]]と近鉄[[近鉄難波線|難波線]]・[[近鉄奈良線|奈良線]]の相互乗り入れでは阪神線内と近鉄線内を相互直通運転に対応している車両は、上記と同じく阪神の発車合図方式に対応した電鈴、近鉄の発車合図方式に対応した電鈴両方を搭載し、運転区間切替スイッチにより、同じ合図ボタンでも、それぞれの区間で電鈴が動作する様になっている、ただし、切替は両社の境界駅の大阪難波駅でなく、両社の乗務員が交代する阪神なんば線桜川駅で行う。
-->
 
== 著名な人物 ==
16

回編集