「米谷佳晃」の版間の差分

宇宙船より加筆。
m (→‎キャラクターデザイン: これは結構間違いやすい)
(宇宙船より加筆。)
 
== 人物・来歴 ==
1970年よりアートクリエイターと称し、[[円谷プロダクション]]や[[東映]]など、TVテレビ・映画で企画や特殊美術デザインを担当<ref name="U155">{{Cite journal|和書|date=2016-12-29|title=70's円谷怪獣リスペクト検証 栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史 第3回] シリーズ初の専任デザイナー・米谷佳晃の革新と核心|journal=[[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]|volume=vol.155 |issue=(WINTER 2017.冬)|publisher=[[ホビージャパン]] |pages=pp.102-107|isbn=978-4-7986-1360-4}}</ref>。『[[ウルトラセブン]]』における[[講談社]]主催の怪獣デザイン募集企画に、アートサークルMUTANTSの一員として多数の作品を応募したことで、円谷プロから注目され『[[帰ってきたウルトラマン]]』の第3クール前後から、本格的に怪獣デザインを手掛けることになる。それまでのウルトラシリーズでは美術スタッフが怪獣デザインも手がけていたため、同シリーズで初の専任デザイナーとなった<ref name="U155" />
 
『[[ミラーマン]]』や『[[ジャンボーグA]]』などの円谷作品を経て、[[矢島信男]]主宰の[[特撮研究所]]で『[[コンドールマン]]』のヒーローデザインを手掛けた後に、企画段階の[[東宝]]映画『[[ゴジラvsビオランテ]]』にも参加し、[[ビオランテ]]の検討用デザイン(実質的なデザイン原案)を手掛けたこともあった。また、[[テーマパーク]]の世界に精通しており、博物館や動物園等の展示プロデュースや[[サーカス]]のアドバイザーも務めている。
 
== キャラクターデザイン ==
; 1971 - 1972年'''『[[帰ってきたウルトラマン]]』{{Sfn|米谷|2014|pp=31-45|loc=「ウルトラ級怪獣デザインへの挑戦と回帰」}}<ref name="U155" />
* 八つ切り怪獣グロンケン<ref>竹内博 編『ファンタスティックコレクション 帰ってきたウルトラマン アルバム』([[朝日ソノラマ]])p140にデザイン画掲載(筆記体で「Y.Yonetani」のサインあり。同じサインがp140のプルーマのデザイン画にも入っている。)</ref>
* 台風怪獣バリケーン
* 囮怪獣プルーマ
* 宇宙怪人ゼラン星人
* 合成怪獣レオゴン<ref>{{efn|原案は小林晋一郎<ref name="U155" /ref>。}}
* 光怪獣プリズ魔(検討用デザイン)
 
; 1971 - 1972年'''『[[ミラーマン]]』'''{{refnestefn|特記のない限り米谷の自著に基づく{{Sfn|米谷|2014|pp=47-75|loc=「鏡の世界での瞑想とデザイン革命」}}。}}
{{col|
* 鋼鉄竜アイアン
* 妖怪怪獣 マグマゴン
* 怪奇大怪獣 サンガーニ
* 異次元昆虫 テロリンガ{{refnestefn|デザインは、ミラーマン大全のインタビューにて大澤哲三が自身の手によるものと発言しており{{Sfn|大全|2004|p=269|loc=「インタビュー 特撮部デザイナー 大澤哲三」}}、これが通説とされていたが{{Sfn|大人の|2014|p=108}}、米谷佳晃は自著の中で自身が手掛けたものとしておりデザイン画や詳細な解説も掲載している{{Sfn|米谷|2014|pp=9、68}}。}}
* 異次元幽霊怪獣ゴースト{{Sfn|大全|2004|p=14}}{{Sfn|大人の|2014|p=101}}
* 巨大宇宙怪獣 ボアザウルス
* ダイゴロウのママ(母)
 
; 1973 年'''『[[ジャンボーグA]]』'''{{refnestefn|特記のない限り米谷の自著に基づく{{Sfn|米谷|2014|pp=77-118|loc=「エメラルド星からの贈り物と共に」}}。}}
{{col|
* ジャンボーグA
* 混血怪獣デスムーン
* ドクロ怪人スケルトン
* 宇宙魔女 ババラス{{refnestefn|name = "米谷3"|大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編ではババラスとオネストキングは[[大澤哲三]]によるものと記載しているが{{Sfn|大人の|2014|p=108}}、米谷は自著の中でラフ画を提示したものとしており、現存するデザイン画は当時の美術スタッフが米谷のラフ画を彩色加工したものと述べている{{Sfn|米谷|2014|p=3}}。}}
* 変身ロボット オネストキング<ref {{efn|name = "米谷3" />}}
* 強敵ロボット ジャンキラーJR
* 鏡怪獣ミラーコング
* ビッグゴリラ
* ミニゴリラ
* キチガイバト{{refnestefn|米谷は自著の中で「クレージーピジョン」という名称を用いている{{Sfn|米谷|2014|pp=124-129|loc=「キカイダーの時代」}}。}}
 
;1975年『[[正義のシンボル コンドールマン]]』{{Sfn|米谷|2014|pp=130-134|loc=「鳥人コンドールマン」}}
 
== 著書 ==
* {{Cite book|和書 |date = 2014-04-14 |title = 華麗なる円谷特撮デザインの世界 ミラーマン☆ジャンボーグA 米谷佳晃デザインワークス 1971&#12316;1973|publisher = [[講談社]] |isbn = 978-4-06-364953-6|ref = {{SfnRef|米谷|2014}}}}
* {{Cite book|和書
|date = 2014-04-14
|title = 華麗なる円谷特撮デザインの世界 ミラーマン☆ジャンボーグA 米谷佳晃デザインワークス 1971&#12316;1973
|publisher = [[講談社]]
|isbn = 978-4-06-364953-6
|ref = {{SfnRef|米谷|2014}}
}}
== 雑誌連載 ==
*[[まんだらけ]]ZENBU 『怪獣デザインは、キャラクタービジネスの始まりだった…』(No.30〜33まで)
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
<references />
{{notelist}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author = 白石雅彦 編著|others = 円谷プロダクション監修|date = 2004-02|title = ミラーマン大全|publisher = [[双葉社]]|isbn = 978-4575296525|ref = {{SfnRef|大全|2004}}}}
* {{Cite book|和書
* {{Cite book|和書|date = 2014-01-25|title = 大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編|series = MAGAZINE HOUSE MOOK 大人のウルトラシリーズ|publisher = [[マガジンハウス]]|isbn = 978-4-8387-8882-8|ref = {{SfnRef|大人の|2014}}}}
|author = 白石雅彦 編著
|others = 円谷プロダクション監修
|date = 2004-02
|title = ミラーマン大全
|publisher = [[双葉社]]
|isbn = 978-4575296525
|ref = {{SfnRef|大全|2004}}
}}
* {{Cite book|和書
|date = 2014-01-25
|title = 大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編
|series = MAGAZINE HOUSE MOOK 大人のウルトラシリーズ
|publisher = [[マガジンハウス]]
|isbn = 978-4-8387-8882-8
|ref = {{SfnRef|大人の|2014}}
}}
{{Film-bio-stub}}
{{Artist-stub}}