「河戸駅」の版間の差分

編集の要約なし
==概要==
可部線の非電化区間([[可部駅]] - [[三段峡駅]]間)の廃線に伴い、[[2003年]]([[平成]]15年)[[12月1日]]に廃止された。
廃止後、[[可部駅]]-河戸駅付近までの復活開業が検討され、[[2017年]](平成29年)[[3月4日]]に可部駅 - [[あき亀山駅]]が開業した(後述)<ref name="jrw150206">{{cite press release|url=http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/02/page_6784.html|title=可部線電化延伸区間の新駅について|date=2015-02-06|publisher=西日本旅客鉄道}}</ref>。これはJR化後では初めて廃止路線の復活である<ref name="chugoku20130205">[http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201302050014.html 可部線電化延伸は15年で合意] - 中国新聞 2013年2月5日</ref>。なお、旧河戸駅を挟む形で新たな駅が設置されたため、河戸駅は復活していない。
 
== 歴史 ==
その間、『長井ふたたびの宮』の近くに、旧河戸駅の待合所が移設・復元されて保存された。
 
2016年7月8日、JR西日本は営業再開に際して設置する駅の名称を、中間駅を[[河戸帆待川駅]]、終着駅を[[あき亀山駅]]とすると発表し<ref>[https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8915.html 可部線および山陽線新駅の駅名決定について]</ref>、[[2017年]](平成29年)[[3月4日]]のダイヤ改正により、廃止から13年3か月、市の復活方針決定から6年1か月を経て、可部 - あき亀山間が復活した。
 
なお河戸以北の観光鉄道としての復活開業計画は、[[可部線#可部駅 - 三段峡駅間の廃止]]にもあるように中断。一部区間では線路および駅舎などの撤去が行われている。
935

回編集