「塩化チオニル」の版間の差分

m
m (→‎製法: )
== 製法 ==
塩化チオニルは[[二酸化硫黄]] SO<sub>2</sub> と[[五塩化リン]] PCl<sub>5</sub> と反応させ、副生する[[塩化ホスホリル]] POCl<sub>3</sub> と分留すると得られる。
: <ce>SO2\ + PCl5 -> SOCl2\ + POCl3</ce>
: <math>\mbox{SO}_2+\mbox{PCl}_5\rightarrow\mbox{SOCl}_2+\mbox{POCl}_3</math>
工業的には[[二塩化硫黄]] SCl<sub>2</sub> を[[三酸化硫黄]] SO<sub>3</sub>で酸化して製造される。
: <ce>SCl2\ + SO3 -> SOCl2\ + SO2</ce>
: <math>\mbox{SCl}_2+\mbox{SO}_3\rightarrow\mbox{SOCl}_2+\mbox{SO}_2</math>
 
==脚注==