「桜花 (航空機)」の版間の差分

{{hidden end}}
 
== 関連登場作品 ==
=== 映画 ===
;映像作品
:*; 『[http://sakurabana.org/ サクラ花〜桜花最期の特攻〜]』 [[松村克弥]] 監督 [[大和田健介]] 主演 東京都推奨映画(2015年)
:*『[[プロジェクトX〜挑戦者たち〜]]』[[日本放送協会|NHK]] ([[2000年]][[5月9日]]放送・第7回 『[[新幹線]]』) 「[[プロジェクトX全放送作品リスト#2000年|執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた]]」。
:*; 『花の特攻隊 あゝ戦友よ』[[森永健次郎]] 監督([[日活]]、1970年)
:*:最初の新幹線[[新幹線0系電車|0系]]の設計者は、桜花の設計主務者の一人、[[三木忠直]]であり、桜花設計に関ったことが鉄道技術者に転身するきっかけになったこと等が放映された。
:*『花の特攻隊 あゝ戦友よ』[[森永健次郎]] 監督([[日活]]、1970年)
:*『[http://sakurabana.org/ サクラ花〜桜花最期の特攻〜]』 [[松村克弥]] 監督 [[大和田健介]] 主演 東京都推奨映画(2015年)
 
=== TV番組 ===
;漫画・アニメ
:*; 『[[プロジェクトX〜挑戦者たち〜]]』[[日本放送協会|NHK]] ([[2000(2000]][[5月9日]]放送第7回 [[新幹線]]「[[プロジェクトX全放送作品リスト#2000年|執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた]]」
:*『[[戦場まんがシリーズ]]』著:[[松本零士]]
:*: 最初の[[新幹線]][[新幹線0系電車|0系]]の設計者は、桜花の設計主務者の1人、[[三木忠直]]であり、桜花設計に関ったことが鉄道技術者に転身するきっかけになったことなどが放映された。
:*:同シリーズの一編に桜花を主題とした「[[音速雷撃隊]]」があり、『ザ・コクピット』のタイトルで[[OVA]]化もされた。また、「虚空弾道1945」にも、航続距離の延長と20mm機関砲4門の装備を行った架空の桜花の改造機が登場する。
:*『戦空の魂』著:[[天沼俊]]
:*:作品を通して数回題材になった。ただし、物語中に史実と考証とが異なる部分がある。
:*『番長特攻す!』著:[[貝塚ひろし]]
:*『劇画太平洋戦争・神風特別攻撃隊』著:葉剣英、画:水谷青吾 原作
:*:フィリピンでの特攻作戦を生き残った青年が、桜花に乗り組み、米戦艦に体当たりするまでを描く。[[大西瀧治郎]]中将や[[関行男]]大尉など特攻に関わった実在の人物も実名で登場する。
 
;=== 漫画・アニメ ===
;小説
:*; 『劇画太平洋戦争・神風特別攻撃隊』著:葉剣英、画:水谷青吾 原作
:*『[[雲の墓標]]』著:[[阿川弘之]]([[新潮文庫]]、1990年改版) ISBN 4-10-111002-6
:*: [[フィリピン]]での[[特別攻撃隊|特攻作戦]]を生き残った青年が桜花に乗り組み、米[[戦艦]]に体当たりするまでを描く。[[大西瀧治郎]][[中将]]や[[関行男]][[大尉]]など特攻に関わった実在の人物も実名で登場する。
:*:[[海軍予備員|海軍予備学生]]の青年たちを描いた小説。「マルダイ」を見せられた攻撃機操縦者が、通常攻撃の必要性を強く主張して、桜花隊への転属打診を辞退する場面がある。
:*; 『[[戦場まんがシリーンの翼]]』著:[[富野由悠季]]
:*:同 シリーズの一編に桜花を主題とした[[音速雷撃隊]]があり、『ザ・コクピット』のタイトルで[[OVA]]化もされた。また、虚空弾道1945にも、[[航続距離]]の延長と20mm[[機関砲]]4門の装備を行った架空の桜花の改造機が登場する。
:*:主人公・迫水真次郎は桜花のパイロットだった。その70年後を描いたアニメ版にも迫水は敵の王として登場し、迫水が特攻に用いた桜花の複製や、桜花から名をとったロボット([[オーラバトラー]])「オウカオー」等も登場する。
:*; [[永遠戦空0]]著:[[百田尚樹]]
:*: 作品を通して数回題材になった。ただし、物語中に史実と考証とが異なる部分がある。
:*:主題となるのは零戦とそれによる特攻だが、第八章では桜花が大きく扱われている。なお、映画版に桜花は登場しない。
:*; 『番長特攻す!』著:[[貝塚ひろし]]
 
;=== 小説 ===
; 『[[永遠の0]]』
:*: 主題となるのは[[式艦上闘機|零戦]]とそれによる[[特別攻撃隊|特攻]]だが、第八章では桜花が大きく扱われている。なお、映画版に桜花は登場しない。
; 『[[雲の墓標]]』
:*: [[海軍予備員|海軍予備学生]]の青年たちを描いた小説。「マルダイ」を見せられた攻撃機操縦者が、通常攻撃の必要性を強く主張して、桜花隊への転属打診を辞退する場面がある。
; 『[[リーンの翼]]』
:*: 主人公迫水真次郎は桜花の[[パイロット (航空)|パイロット]]だった。その70年後を描いたアニメ版にも迫水は敵の王として登場し、迫水が特攻に用いた桜花の複製や、桜花から名をとったロボット([[オーラバトラー]])「オウカオー」なども登場する。
 
== 注釈 ==
2,486

回編集