「エア・コンディショナー」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Corona Air conditioner.jpg|thumb|right|エアコン]]
[[ファイル:Rimokon.jpg|thumb|エアコンの[[リモコン]]]]
'''エア・コンディショナー'''({{lang-en-short|air conditioner}})とは、[[空気調和設備|空調設備]]のひとつで、部屋内の空気の温度や湿度などを調整する[[機械]]である。狭い意味では、[[冷媒]]による[[蒸気圧縮冷凍サイクル]]の[[蒸気圧縮冷凍機]]のパッケージ・エア・コンディショナーや家庭用のルーム・エア・コンディショナーのうち、水以外の熱媒体で[[熱]]を搬送する装置、つまり[[ヒートポンプ]]を指す。[[通称]]'''エアコン'''。以降、エアコンと表記。なお「エアコン」は「エアー・コンディショニング」または「エアー・コンディション」の略として使用される場合もある
[[通称]]'''エアコン'''(以下「エアコン」と表記)。なお「エアコン」は「エアー・コンディショニング」または「エアー・コンディション」の略として使用される場合もある。また、日本語で「クーラー」というとエアコンを指すが、英語で「cooler」というと”アイスボックス”を意味する。
<!--必要な記述か?
日本では「エアコンディショナー」として[[家庭用品品質表示法]]の適用対象となっており電気機械器具品質表示規程に定めがある<ref name="caa">{{Cite web|url=http://www.caa.go.jp/hinpyo/law/law_06.html#17|title=電気機械器具品質表示規程|publisher=消費者庁|accessdate=2013-05-23}}</ref>。-->
 
-->
== 歴史 ==
[[1758年]]、[[ベンジャミン・フランクリン]]と[[ケンブリッジ大学]]で化学の教授を務めていたジョン・ハドリーは、蒸発の原理([[蒸発熱]])を使って物体を急速に冷却する実験を行った。フランクリンとハドリーは[[アルコール]]などの[[揮発性]]の高い液体の蒸発を試し、[[エーテル (化学)|エーテル]]を使うと物体を[[氷点下]]にまで冷却できることを発見した。実験では水銀[[温度計]]の球部を冷却対象とし、蒸発を早めるために[[ふいご]]を使った。周囲の気温が{{Lang|en|{{convert|65|°F|°C|abbr=on}}}}の状態で、温度計の球部を 7{{°F}}(−14℃)にまで冷却することができた。フランクリンは、温度が氷点下になると間もなく温度計の球部表面に薄く氷が張ったことに気づいた。そして 7{{°F}}(−14℃)にまで達したとき、氷の厚さは6ミリ(4分の1インチ)ほどになっていた。フランクリンは「この実験で、暖かい夏の日に人間を凍死させられる可能性があることがわかった」と結論付けた<ref>[http://www.historycarper.com/resources/twobf3/letter1.htm Cooling by Evaporation (Letter to John Lining)]. Benjamin Franklin, London, June 17, 1758</ref>。