「都営バス深川営業所」の版間の差分

m
都05系統は、東京駅と晴海埠頭を有楽町駅、銀座を経由して結ぶ東京都交通局が運営する路線バスの路線の一つである。主に晴海通りを走行する。
 
都05系統の前身に当たる路線は、新宿駅と晴海埠頭を結んでいた銀71系統の折返し便である。なお、この当時の東京駅と晴海埠頭を結ぶ運行路線は、一旦、銀71系統の[[都市新バス]]化(都03系統)の際に廃止された。その後、営団[[東京メトロ有楽町線|有楽町線]](当時)の[[新富町駅 (東京都)|新富町駅]] - [[新木場駅]]の開業に伴う路線見直しの際に、東京駅丸の内南口と晴海埠頭を結ぶ路線として、都05系統の系統番号が与えられ、新たに開業した。なお、同年3月に設定されていた都03・都04系統とともに'''グリーンアローズ'''の愛称が与えられた。
 
2007年3月には、土曜休日の日中に限り晴海三丁目から新たに開通した[[晴海大橋]]等を経由して、お台場地区を結ぶ東京テレポート駅発着便の運転を開始した。