「ゴッド・オブ・ウォーIII」の版間の差分

;イカロスの翼(Icarus Wings)
:前作においてイカロスからもぎ取ったことで入手した黒く巨大な[[翼]]。今作では最初から使用可能。
:ジャンプ中にボタンを長押しすることで翼を広げ滑空、遠くの足場へ移動することができる。また、戦闘ではその巨大さを生かしての突風攻撃を行うことができたが、ポセイドン戦以降その技は使用不可能になる。
;アポロの弓矢(Bow of Apollo)
:冥界でクレイトスがケルベロスの炎で焼き殺したピリタオスが持っていた太陽神[[アポローン|アポロ]]の[[弓 (武器)|弓]]。『II』の「テュポン・ペイン」と同様に使用できる武器である。前作からのシステムが改良されたことで魔法ゲージの消費からアイテムゲージの消費(一定回数使用後、自動で回復)に変更となった。
:独自の性能として、チャージして発射することでアイテムゲージを消費する代わりに炎を纏った矢を放つことができる。これもまた、攻撃だけでなく謎解きにも必要となる。
;ヘリオスの頭(Head of Helios)
:クレイトスがヘリオスの首を引きちぎって入手した[[生首]]。目と口から強い光を放ちランタンや懐中電灯のように利用できる。道を塞ぐ幻の壁を魔法の光でかき消したり、隠された財宝を光で可視化させるなど謎解きにおける使用箇所は多い。戦闘では敵を目くらましさせて短時間怯ませることができ、魔力を溜めてから放てば広範囲の敵にダメージを与えられるようにもなる。ヘリオスの頭を使用するたび、彼が絶命時に発した叫び声が出る。
;ヘルメスのブーツ(Boots of Hermes)
:クレイトスがヘルメスの両足を切断して入手した[[ブーツ]]。使用すると高速で疾走でき、足跡のマークが付いた特定の壁を凄まじいスピードで駆け回ることができる。戦闘などにおいては、使用して敵に体当たりすると相手を真上に跳ね飛ばすことができ、さらに空中でのダッシュを可能にする。
 
=== レイジ・オブ・スパルタ(Rage of Sparta) ===
匿名利用者