「唐十郎」の版間の差分

 
=== 著書 ===
*『腰巻お仙 附・特権的肉体論』[[現代思潮社]] 1968
*『ジョン・シルバー』天声出版 1969
*『謎の引越少女』[[学芸書林]] 1970
*『少女仮面 唐十郎作品集』学芸書林 1970 のち[[角川文庫]]
*『河原者の唄』[[思潮社]] 1970
*『煉夢術』[[中央公論社]] 1971 のち角川文庫
*『吸血姫』中央公論社 1971 のち角川文庫
*『日本列島南下運動の黙示録』現代思潮社 1972
*『少女と右翼 満州浪人伝』[[徳間書店]] 1972 のち角川文庫
*『ベンガルの虎』[[新潮社]](書下ろし新潮劇場) 1973
*『二都物語・鐡仮面』新潮社 1973
*『わが青春浮浪伝』[[講談社]] 1973
*『ズボン』[[大和書房]] 1973
*『紅疾風』学芸書林 1974
*『唐版・風の又三郎』[[角川書店]] 1974
*『夜叉綺想』新潮社 (書下ろし新潮劇場) 1974
*『盲導犬』角川文庫 1974
*『幻のセールスマン』角川書店 1974
*『魔都の群袋』[[潮出版社]] 1974 のち文庫
*『腰巻おぼろ 妖鯨篇』角川書店 1975
*『唐版滝の白糸』角川文庫 1975
*『唐版・俳優修業』角川書店 1977
*『海星・河童-少年小説』大和書房 1978 - [[泉鏡花文学賞]]
*『乞食稼業 対談集』[[冬樹社]] 1979
*『'''唐十郎全作品集'''』全6巻 冬樹社 1979-80
*『調教師』中央公論社 1979
*『風に毒舌 第一エッセイ集』[[毎日新聞社]] 1979 のち[[旺文社文庫]]
*『唐版犬狼都市』(澁澤龍彦原作)北宋社 1979
*『女シラノ』[[白水社]] 1980
*『豹の眼 第二エッセイ集』毎日新聞社 1980
*『沼・ふたりの女』漂流堂 1980
*『下谷万年町物語』(小説)PARCO)[[PARCO出版]] 1981 のち中公文庫 - [[蜷川幸雄]]演出で1981年初演、2012年再演<ref>[http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/12_mannencho/ 下町万年町物語]Bunkamura</ref>
*『黄金バット・お化け煙突物語』[[河出書房新社]] 1981
*『新・二都物語,鉛の心臓』[[新評社]] 1982
*『佐川君からの手紙-舞踏会の手帖』河出書房新社、1983 のち文庫 - 芥川賞
*『唐十郎血風録』[[文藝春秋]] 1983
*『御注意あそばせ』河出書房新社 1983
*『サンドイッチマン』大和書房 1983
*『マウント・サタン』河出書房新社 1984
*『紙女房 楼閣興信所通信』文藝春秋 1986
*『毀れた模写 文芸時評』[[福武書店]] 1986
*『ねじの回転』[[サンケイ出版]] 1986
*『フランケンシュタインの娘』福武書店 1987
*『シェイクスピア幻想 道化たちの夢物語』PARCO出版局 1988
*『透明人間』白水社 1991
*『電子城 2』白水社 1991
*『オルゴールの墓 劇団第七病棟』[[リブロポート]] 1992
*『桃太郎の母』徳間書店 1993
*『青春牡丹灯籠』[[集英社]] 1993
*『海ほおずき』文藝春秋、1995
*『水の廊下』エー・ジー 1995
*『少女仮面・唐版風の又三郎』白水社 1997
*『特権的肉体論』白水社 1997
*『幻想劇場』[[朝日新聞社]] 1997
*『きみと代わる日 唐版とりかえばや物語』[[主婦と生活社]] 1998
*『秘密の花園』[[沖積舎]] 1998
*『蛇行』新潮社 2000
*『泥人魚』新潮社 2004
*『ガラスの使徒』アートン 2005
*『劇的痙攣』[[岩波書店]]、2006
*『風のほこり』新宿梁山泊 右文書院 2006
*『唐十郎コレクション』全3巻 [[堀切直人]]編 右文書院 2007-08
*『夕坂童子』岩波書店 2008
*『朝顔男』[[中央公論新社]]、2009
*『唐十郎 わが青春浮浪伝 人間の記録』[[日本図書センター]] 2012
*『唐組熱狂集成 迷宮彷徨篇』ジョルダンブックス 2012
*『唐組熱狂集成 流体の囁き篇』ジョルダンブックス 2012
*『ダイバダッタ』[[幻戯書房]]、2015
 
===共著===
匿名利用者