「ろ過」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[分液]]操作において不溶物が皮膜化すると[[エマルジョン]]を解消することが困難となる。その場合、分液操作の前処理として[[セライト]](celite, 陶土)あるいは[[ケイソウ土]]を'''ろ過補助剤'''としてろ紙の上に敷き詰め、減圧ろ過を施し、不溶物を除去することで、エマルジョンを解消しやすくする方法がある。また、不要な大量の残渣をろ去する際、ろ紙が目詰まりするのを防ぐにも有用である。この手法を'''セライトろ過'''と呼ぶ。
 
上記以外にもフェーズセパレーターろ紙と呼ばれる、紙製ろ紙をシリコン加工により水性を持たせ、水相を残渣、有機相をろ液として分別できるろ紙や、さまざまなろ材を重層構造にしたカートリッジ状のフィルター等、用途によりその種類は多岐にわたる。
 
====砂ろ過====
48

回編集