「巽真悟」の版間の差分

m編集の要約なし
{{by|2011年}}は3月に行われたこの年発足したホークス三軍と[[福岡大学|福岡大]]との交流試合で、8回132球を投げぬき5安打無失点8奪三振の好投で勝ち投手となり、ホークス三軍の初勝利となった。巽はこの試合で「負けられないという緊張感の中、いつものノビノビ投球とは違う気迫を見せた」と[[小川史]]三軍監督に評価された。この年はウエスタン・リーグで最多勝となる11勝(5敗)と結果を残した。ソフトバンクが日本シリーズで優勝したことにより出場した[[2011年のアジアシリーズ|アジアシリーズ2011]]では、オーストラリア代表[[パース・ヒート]]戦で2番手として登板し、勝利投手となった。シーズンオフにはウィンターリーグへの派遣を断り、肉体改造に着手した。
 
{{by|2012年}}はオープン戦で先発争いに敗れるも、プロ入り後殆ど経験がなかったというリリーフでの登板もこなし、開幕一軍を勝ち取った。ところがシーズン序盤、4月11日の対[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]]戦で先発ノックアウトされた[[レニエル・ピント]]の後を受けていわゆる敗戦処理として登板したものの、3回2/3を投げるのに打者26人で102球を費やし、被安打11、4与四球、[[稲葉篤紀]]には満塁と3ランの2本の本塁打を浴び計8失点で降板し<ref>ちなみにこの試合で9回を投げ完封勝利を収めた相手投手の[[八木智哉]]の投球数も102球だった。[http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/stats/2012041101/ 2012年4月11日 福岡ソフトバンク対北海道日本ハム]福岡ソフトバンクホークス</ref>、即座に一軍登録を抹消される。1ヶ月後の5月4日に再昇格し今度は先発で登板するが、4回を投げ5安打3四球、自らの暴投とエラーも絡み5失点で降板し負け投手となる。その後はシーズン終盤になるまでファームでの登板が続き、9月に1試合だけリリーフで一軍登板があったものの、結局この年は一軍での成績は4試合の登板で0勝1敗、防御率8.74と散々な結果に終わる。二軍ではウエスタン・リーグの規定投球回数に達したものの、こちらも5勝2敗1セーブで防御率は3.00と前年から比べると物足りない結果となる。
[[File:SH-Shingo-Tatsumi.jpg|thumb|200px|巽の投球フォーム(ソフトバンク時代 阪神甲子園球場にて)]]