「長子音」の版間の差分

語頭の長子音について
(→‎長子音を用いない言語の長子音: it's not reasonable to use this mark here cause it obscure morpheme boundaries, the only environments where gemination occurs in English)
(語頭の長子音について)
'''長子音'''(ちょうしいん)は[[子音]]の持続時間が長いもののことである。[[国際音声記号]]では子音の後に {{IPA|ː}} を付けて表す。長子音でない一般の子音は'''短子音'''と呼ぶ。'''重子音'''({{lang-en-short|gemination}})とも呼ばれる。
 
短子音と長子音を音韻的に区別する言語としては[[日本語]]、[[アラビア語]]、[[イタリア語]]、[[エストニア語]]、[[カタルーニャ語|カタロニア語]]、[[デンマーク語]]、[[ハンガリー語]]、[[フィンランド語]]、[[ラテン語]]、[[ロシア語]]などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1[[モーラ]]分長くなる場合もある。また、[[エストニア語]]においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。
 
[[破裂音]]・[[破擦音]]の場合は、子音の持続時間が延長するのではなく、前に気流の停止が挿入され、これを合わせた時間が短子音より長くなる。
 
== 言語例 ==
多くの言語において、長子音は語中にのみ現れる。しかし、[[インドネシア]][[マルク州]]で話される{{仮リンク|タバ語|en|Taba language}}では、{{IPA|j w r dʒ}} を除くすべての子音が長子音化し、語中よりもむしろ語頭に多く長子音が現れる<ref>International Phonetic Association (1999) Taba</ref>。
 
短子音と長子音を音韻的に区別する言語としては[[日本語]]、[[アラビア語]]、[[イタリア語]]、[[エストニア語]]、[[カタルーニャ語|カタロニア語]]、[[デンマーク語]]、[[ハンガリー語]]、[[フィンランド語]]、[[ラテン語]]、[[ロシア語]]などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1[[モーラ]]分長くなる場合もある。また、[[エストニア語]]においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。
 
==表記==
 
例外として、[[デンマーク語]]にはこの原則はない。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{cite book|title=Handbook of the International Phonetic Alphabet: A guide to the Use of the International Phonetic Alphabet|publisher=Cambridge University Press|year=1999|isbn=0521637511}}
 
== 関連項目 ==
25,598

回編集