「亜硫酸」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[遊離酸]]は不安定なため単離できない。古くは水溶液としては存在するとされていたが、[[ラマン分光法|ラマンスペクトル]]において (HO)<sub>2</sub>SO という構造を持つ化合物が全く検出されないことから、実際には水溶液中での平衡は以下のようなものであると考えられている<ref>Jolly, W. L. (1991). ''Modern Inorganic Chemistry'' (2nd ed). McGraw-Hill: New York. ISBN 0-07-112651-1.</ref>。
 
:<mathce>SO2\rm SO_2 + H_2OH2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ H^+\ + HSO_3HSO3^-</mathce>
 
この反応の平衡定数は ''K''<sub>1</sub> = 1.3 × 10<sup>−2</sup> である。また、水溶液中では、亜硫酸水素イオンは2量化した構造との平衡にある<ref>Connick, R. E.; Tam, T. M.; von Deuster, E. (1982). "Equilibrium constant for the dimerization of bisulfite ion to form disulfite(2-) ion". ''Inorg. Chem.'' '''21''': 103–107. DOI: [http://dx.doi.org/10.1021/ic00131a020 10.1021/ic00131a020]</ref>。
 
:<mathce>\rm 2 HSO_32HSO3^- \ \overrightarrow\longleftarrow \ O_2S{O2S-}SO_3SO3^{2-}\ + H_2OH2O</mathce>
 
亜硫酸イオンは溶存酸素と反応し、硫酸イオンとなる。
:<mathce>\rm 2 SO_32SO3^{2-} + O_2 O2\ \overrightarrow\longleftarrow \ 2 SO_42SO4^{2-} </mathce>
 
== 塩 ==