「ヨベル書」の版間の差分

表記
("外典"という記述を改め、より中立的な記述に変更)
(表記)
{{旧約聖書}}
『'''ヨベル書'''』(ヨベルしょ、[[ヘブライ語]]:{{lang|he|ספר היובלים}})は[[ヘブライ聖書]]の書物のひとつで、『[[創世記]]』の時代の出来事が記されている。今日これを[[正典|聖書正典]]として認めているのは[[エチオピア・ユダヤ教徒]]並びに[[エチオピア正教会]]のみであり、ほとんどの[[ユダヤ教]]と[[キリスト教]]においては、[[外典]]として扱われている。その他の外典と同様、主流派には受け入れられなかったため、現在ではほとんどが散逸してしまっている。日本では『小創世記』と呼ばれることがある。
 
== 起源 ==