「初等幾何学」の版間の差分

 
== 現況 ==
以前は、[[学習指導要領]]の改訂の度に初等幾何学は削減が定向となっており、一時期の高校数学からは完全に姿を消していた。しかし、1990年代以降に注目されるようになった[[国際数学オリンピック]]などにおいて、日本勢の幾何感覚の薄さが取り沙汰されたことなどによる見直しなどもあり、2016年現在、初等幾何学が部分的<ref>[[ジョバンニ・チェバ|チェバ]]、[[アレクサンドリアのメネラウス|メネラウス]]以外の人物の定理は依然として要領から外されている。学習参考書においても、重視はされていない。</ref>に復活しており、[[京都大学]]の2009年度の入試問題乙の問2が話題<ref>[http://d.hatena.ne.jp/nankai/20090416 外部リンク]</ref>となった。ただし、平面幾何を学習指導要領から削除した期間が思いのほか長く、大学入試問題に平面幾何を採用する動きはさほど大きくない。2015年大学入試から開始された新学習指導要領では、初等幾何学は「図形の性質」として[[大学入試センター]]試験に選択問題として出題されている。<ref>2015年入試から開始された新課程は授業時間削減の弊害から図形の性質と整数の性質を「どちらかを必修とする」ため、このような措置が取られている。</ref>
 
また、[[イギリス]]の J. F. Rigbyの手でも解けなかった[[ラングレーの問題]]の拡張が、yahooアカウントaerile_reによって証明され<ref>[http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n365238 外部リンク]</ref>話題になるなど、初等幾何学はインターネット上では時折話題になるトピックの一つとなっている。
匿名利用者