「山部能宜」の版間の差分

修正です。
(修正です。)
(修正です。)
{{出典の明記|date=2015年4月}}
'''山部 能宜'''(やまべ のぶよし、Yamabe Nobuyoshi, [[1960年]] - )は、日本の[[インド哲学]]・[[仏教学者]]・仏教[[美術史]]学者。[[早稲田大学]]文学学術院教授。[[仏教]]における実践的な[[瞑想]]修行(座禅)にな関心を持ち、インドの初期[[瑜伽行唯識学派]]の思想と中国の[[法相宗]]の教理、またインド・中国・中央アジアにおける[[禅定]]修行の実態解明を研究テーマとする。禅観経典や論書などの文献資料に加えて、石窟壁画を初めとする美術資料を用いた独特の研究で知られる。現在はアーラヤ識([[阿頼耶識]])の起源の解明について集中的に取り組んでいる。自身は[[曹洞宗]]の在家得度者でもある。
 
== 略歴 ==
匿名利用者