「怡土城」の版間の差分

→‎構造: リンク追加
m
(→‎構造: リンク追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 構造 ==
城の特徴は中国式山城の築城法でもって[[たすき]]状に築かれ、山の尾根づたいに望楼(物見やぐら)を配し、西麓の平地に面して高さ10メートル南北2キロメートルにわたる土塁・石塁をもって固め、その間に城門や水門等を造り、敵襲に備えたとみられる。土塁の外側には幅15メートルの濠も確認されている。
 
現在遺構としては、高祖山の西裾に1.6キロメートルの土塁、尾根線上に計8か所の望楼跡が残るものの、城内はどのように利用されたか、いつごろ廃城となったか等不明な点が多い。
5,746

回編集