「鎌倉時代」の版間の差分

編集の要約なし
----
'''鎌倉時代'''(かまくらじだい、[[1185年]]頃-[[1333年]])は、[[日本史]]で[[幕府]]が[[鎌倉]]に置かれていた時代を指す[[日本の歴史]]の時代区分の一つ。朝廷と並ぶ政治の中心となった[[鎌倉幕府]]が相模鎌倉に所在したことから鎌倉時代と称する。
 
 
成立時期は[[源頼朝]]が[[征夷大将軍]](将軍)に任じられて[[鎌倉幕府]]を開いた[[1192年]]とするのが一般的であるが、源頼朝が[[平家]]打倒のために挙兵した[[1180年]]説、[[寿永二年十月宣旨]]で[[東海道]]、[[東山道]]の支配権が認められた[[1183年]]説、義経追討の名目で地頭の設置権を獲得した[[1185年]]説、頼朝が上洛し権大納言・右近衛大将に任命された[[1190年]]説など様々な説もある。
 
武士階級が天皇・貴族階級と分離し新たな支配体制を求め鎌倉幕府を開き、封建政治を始めた時代である。封建政治は、この後江戸幕府崩壊([[1868年]]・[[慶応]]4年)まで続く。
 
 
== 概要 ==
匿名利用者