「賈充」の版間の差分

m
編集の要約なし
(抜けた)
m編集の要約なし
 
=== 西晋建国の功臣に ===
司馬昭の死後、その子の[[司馬炎]]に仕え、その禅譲に協力した。司馬炎(武帝)が即位すると、[[羊コ|羊祜]]・[[荀勗]]・[[裴秀]]・[[王沈 (西晋)|王沈]]らと共に佐命の勲(晋朝成立の功臣)として功賞され、賈充の功績も筆頭に挙げられた。[[陳騫]]と共に特別な香を付与された事もあったという。晋の時代になると[[司空]]・[[尚書令]]等を歴任し、[[泰始律令]]の制定にも当たった。
 
[[泰始 (晋)|泰始]]6年([[270年]])、[[雍州]]・[[涼州]]で異民族の大規模な反乱が起き[[石鑒_(西晋)|石鑒]]が鎮圧に失敗すると、[[任ガイ|任愷]]は司馬炎に対し賈充を鎮圧に赴かせるよう進言した。しかし任愷はかねてから賈充を快く思っておらず、賈充もまた任愷を非難していたので、この進言は賈充を外地に出させるための讒言であったと考えられる。賈充は送別の宴で[[荀勗]]と画策した。荀勗は[[恵帝_(晋)|司馬衷]](太子)の妃に賈充の娘<ref>最初に賈午が候補に挙がり、後に姉の賈南風に落ち着いた。</ref>を嫁がせれば、[[洛陽]]を離れる必要はないと助言した。さっそく荀勗が宴に戻り、賈充の娘を司馬衷に嫁がせるよう主張すると、[[荀顗]]と[[楊艶|武元楊皇后]]も賛同した。こうして婚姻が行われることになり、賈充は洛陽に留まることができた。また、[[羊コ|羊祜]]も内密に賈充の赴任反対を奏上しており、司馬炎にそのことを知らされると、賈充は羊祜に対し「君が徳に優れていることを初めて知った」と礼を述べた。