「重さ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: 2017年版ソースエディター
m
タグ: 2017年版ソースエディター
 
== 概要 ==
物を手に持った時に「重さ」を感じるのはその物が[[地球]]の[[引力]]によって[[手]]に[[力 (物理学)|力]]を及ぼすためである。また、吊るされた梵鐘などを手で揺らそうとする時に「重さ」を感じるのは慣性力が手に力を及ぼすためである。この場合どちらも我々は「重い」と表現するが、これは古来から重力加速度による重力と加速による慣性力に密接な関係があることを経験上知っていたためである。地球上の場合、[[質量]]が1[[キログラム|kg]]の物体にかかる重力は約9.8N([[ニュートン]])となり、この力を1kgw([[キログラム重]])または1kgfと表記する。
 
重力は重力加速度に比例して変化するため、同じ物体でも別の天体上では異なる重さ(重力)になり、また地球上でも場所によっては異なる重さ(重力)になる。そのため、重量を重力を使って量る簡便な[[ばねばかり]]を使う場合は基準が設定されている。{{seealso|重力}}なお、古代から使われてきた'''[[天秤ばかり]]で量った重量'''は重力加速度に依らず一定であり、この場合[[一般相対性理論]]の[[等価原理]]によれば重量と質量は厳密に一致する。また、物質の'''慣性力'''を意味する「重さ」も重力加速度に依らず一定である。