「サーバートン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
{{競走馬P|
画 = [[Image:SirBarton-Johnny Loftus-1919Preakness.jpg|240px|center]]<span style="font-size:small">1919年5月19日ピムリコ競馬場にて<br />(J.ロフタス騎乗、プリークネスステークス)</span>|
名 = サーバートン|
性 = [[牡馬|牡]]|
'''サーバートン'''(''Sir Barton'')は、[[1918年]]から[[1920年]]にかけて活躍した[[アメリカ合衆国]]の[[競走馬]]。[[1919年]]に史上初の現行アメリカ[[三冠 (競馬)|三冠]]を達成した。
 
サーバートンは[[1916年]]に[[ケンタッキー州]]で生まれる。父スターシュートは[[イギリス]]そこそこの良血馬生産され父がアメリカに渡り[[リーディングサイアー]]5回を獲得した大[[種牡馬]]スターシュート、母レディースターリングというそこそこの良血であった。生産者であるマッデンとグーチはこの仔馬を1918年に[[カナダ]]人のビジネスマン、ジョン・ケネス・ラソン・ロスに1万ドルで販売している。そしてH.G.ベドウェルに[[調教]]を受けることになった。
 
デビュー戦は2歳の6月に出走したトレモントステークス。ここを6着に敗退すると、以後も惨敗続きで[[フューチュリティステークス]]で2着に入ったのが唯一の戦績好走である、それ以外は全て大差で負けるという芳しく無いものであった。
 
しかし、翌年サーバートンは[[ケンタッキーダービー]]に出走し2番人気に押されることになるもっとも、これは僚馬ビリーケリーが注目されていたからであり(欧米では馬主単位で[[投票券 (公営競技)|馬券]]が発行されるため、ビリーケリーとサーバートンで1つの馬券になる)、サーバートンはビリーケリーの[[ペースメーカー]]に過ぎなかった。だが、結果はサーバートンがビリーケリーを5馬身差突き放し圧勝してしまった。ケンタッキーダービーがサーバートンの初勝利である。そして4日後に[[プリークネスステークス]]を4馬身差で連勝、さらに[[ベルモントステークス]]にも5馬身差で楽勝、史上初の現アメリカ三冠を達成した。
 
ただしこの頃のアメリカは現在の三冠体系とは違い[[ウィザーズステークス]]、ベルモントステークス、[[ローレンスリアライゼーションステークス]]の3レースを三冠としていたためサーバートン自身が三冠馬と呼ばれていたわけではないが、サーバートンはプリークネスステークスとベルモントステークスの間にウィザーズステークスも勝ち取っており、さらに現三冠に当る競走も既に相当の格を得ていたためこの年の米年度代表馬に選ばれている。
7,122

回編集