「アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクス」の版間の差分

→‎経歴: ヤヌスの扉追加
(→‎経歴: ヤヌスの扉追加)
[[紀元前247年]]に[[アウルス・アティリウス・カラティヌス]]と共に[[ケンソル]](監察官)に就任した後<ref>Fasti Capitolini(ローマ執政官一覧)</ref>、[[紀元前244年]]と[[紀元前241年]]の二度、[[執政官]](コンスル)に選出されている。
 
紀元前244年の同僚執政官は[[ガイウス・センプロニウス・ブラエスス]]<ref>Fasti Capitolini ; Velleius Paterculus 1, 14, 8; among others</ref>、紀元前241年の同僚執政官は[[クィントゥス・ルタティウス・ケルコ]]であった<ref>Fasti Capitolini ; Livius 30, 44, 1; among others</ref>。紀元前241年、ローマは20年以上も続いていた[[第一次ポエニ戦争]]にしょうり勝利した。しかし、そのすぐ後に、[[サビニ人]]の一部族であるファリスキ族([[:en:Falisci|en]])が反乱を起こした。この反乱は、二人の執政官により6日間で鎮圧された。反乱者は厳しく罰せられた<ref>Zonaras 8, 18; See Polybios 1, 65, 2; Eutropius 2, 28; Livius, periochae 19; among others</ref>。このファリスキ族鎮圧の功績のために、アティックスは凱旋式を実施する栄誉を得た。
 
第一次ポエニ戦争の勝利を機に、共和政ローマの歴史のなかでこの一回だけであるが、[[ヤヌス神殿]]の扉を一時的に閉鎖しじた(ヤヌスの扉は戦時には開けられ、平時に閉じられることとなっていたが、これ以前は[[王政ローマ|王政時代]]も含め400年に渡って開けられたままであった。今回も8年後に再び扉は開けられ、次に閉じたのは[[アウグストゥス]]であった)。しかし、初期のローマ年代記編者は、この業績行いを[[紀元前235年]]と[[紀元前224年]]の執政官である[[ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス (紀元前235年の執政官)|ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス]]のものと誤って記録している<ref>Marcus Terentius Varro , De lingua latina 5, 165; Livius 1, 19, 3; Plutarch , Numa 20: 2; and others; In addition Thomas A. Szlezák : Manlius [I 19]. In: Brill's New Pauly (DNP). Vol. 7, Metzler, Stuttgart 1999, ISBN 3-476-01477-0 , Sp. 826</ref>。
 
[[ガイウス・プリニウス・セクンドゥス|大プリニウス]]は、アッティクスが食事中に急死したと述べている<ref>Pliny the Elder , Naturalis historia 7, 183.</ref>。しかしながら、歴史家のフリードリヒ・ミュンツァー([[:en:Friedrich Münzer|en]])によれば、これは彼ではなく、[[紀元前164年]]の執政官である[[アウルス・マンリウス・トルクァトゥス]]のことであるとされている<ref>Friedrich Münzer : Manlius 87). In: Pauly's Recyclopedia of Classical Antiquity (RE). Volume XIV, 1, Stuttgart, 1928, p. 1212.</ref>。