「実用新案権」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''実用新案権(じつようしんあんけん)'''とは、物品の形状、構造、組み合わせ関する考案を独占排他的対して保護され実施す[[知的財産]]であり、[[実用新案法]]によって規定される[[産業財産権]]でもある。<br>
以下、日本での実用新案権に関して記述する。
 
 
==実用新案権の行使==
特許法と同じく様に、実用新案設定登録により、って実用新案登録者は権が発生する。用新案者は、対象となっている考案業と、差止請求権や損害賠償請求て実施する有する。<br>
 
実用新案権者は、自己の実用新案権を行使することができる。ただし、権利行使には、特許庁作成の'''「実用新案技術評価書」'''の添付が必要である。<br>
 
また、登録された実用新案が公知技術の場合は、権利行使者が損害賠償の義務を負う。この損害賠償は免責されないので、権利行使には慎重な調査を要する。