「セントロメア」の版間の差分

adding position section, based on translation from the current version of en:Centromere
(adding position section, based on translation from the current version of en:Centromere)
[[Image:Chromosome.svg|thumb|[[染色体]]の構造<BR>(1) [[染色分体]] <BR>(2) '''セントロメア'''<BR>(3) 短腕<BR>(4) 長腕]]
'''セントロメア'''(''Centromere'') は[[染色体]]の長腕と短腕が交差する部位。染色体のほぼ中央に位置することからこの名がつけられている。[[細胞分裂]]時には一次狭窄を形成し、紡錘体が結合する。染色体の凝縮に関係するCENP-AやINCENP、あるいは染色体の移動に関するMCAK、CENP-Eなどが集積し、[[動原体]]と呼ばれる構造を形成する。凝集した[[クロマチン]]構造、すなわちヘテロクロマチンになっており、遺伝子発現は構成的に抑制されている。[[デオキシリボ核酸|DNA]] は独自の繰り返し配列をとっており、塩基配列決定が困難である。''[[C. elegans]]'' のようにセントロメアが染色体全体に広がる生物種もある。
 
==細胞周期と細胞分裂==
[[減数分裂]]と[[有糸分裂]]を比較すると減数分裂では中期Ⅰの終わりにセントロメアが不分離で、有糸分裂では後期にセントロメアが分離する。
 
==位置==
[[File:Centromere Placement.svg|thumb|I: テロセントリック<br />
II: アクロセントリック<br />
III: サブメタセントリック<br />
IV: メタセントリック<br />
A: 短腕 (p)<br />
B: セントロメア<br />
C: 長腕 (q)<br />
D: [[姉妹染色分体]] ]]
セントロメアの位置は、[[核型分析]]の際に、染色体の大きさ、バンドパターンの情報などと共に、各染色体を区別する際の指標として利用される。
 
===メタセントリック===
染色体のほぼ中央にセントロメアが位置しており、二本の腕(短腕と長腕)の長さがほぼ等しい場合、それはメタセントリック染色体(Metacentric chromosome)と呼ばれる。日本語では'''中部着糸型'''染色体(ちゅうぶちゃくしがた-)、'''中部動原体'''染色体(ちゅうぶどうげんたい-)とも呼ばれる。ヒトの場合、[[1番染色体 (ヒト)|‎1番]]、[[3番染色体 (ヒト)|3番]]、[[16番染色体 (ヒト)|16番]]、[[19番染色体 (ヒト)|19番]]、[[20番染色体 (ヒト)|20番]]、の5本がメタセントリック染色体に分類される。<ref name="StrachanRead2010">{{cite book|author1=Tom Strachan|author2=Andrew Read|title=Human Molecular Genetics|url=https://books.google.com/books?id=dSwWBAAAQBAJ&pg=PA45|date=2 April 2010|publisher=Garland Science|isbn=978-1-136-84407-2|page=45}}</ref>
 
===サブメタセントリック===
染色体の短腕と長腕の長さが異なり容易に識別できるが、短腕が極端に短くない場合、それはサブメタセントリック染色体(Submetacentric chromosome)と呼ばれる。日本語では'''次中部着糸型'''染色体(じちゅうぶちゃくしがた-)、'''次中部動原体'''染色体(じちゅうぶどうげんたい-)とも呼ばれる。ヒトの場合、[[2番染色体 (ヒト)|2番]]、[[4番染色体 (ヒト)|4番]]、[[5番染色体 (ヒト)|5番]]、[[6番染色体 (ヒト)|6番]]、[[7番染色体 (ヒト)|7番]]、[[8番染色体 (ヒト)|8番]]、[[9番染色体 (ヒト)|9番]]、[[10番染色体 (ヒト)|10番]]、[[11番染色体 (ヒト)|11番]]、[[12番染色体 (ヒト)|12番]]、[[17番染色体 (ヒト)|17番]]、[[18番染色体 (ヒト)|18番]]、[[X染色体|X]]、の13本がサブメタセントリック染色体に分類される。<ref name="StrachanRead2010"/>
 
===アクロセントリック===
染色体の短腕が極端に短い場合、それはアクロセントリック染色体(Acrocentric chromosome)と呼ばれる。日本語では'''端部着糸型'''染色体(たんぶちゃくしがた-)、'''端部動原体'''染色体(たんぶどうげんたい-)とも呼ばれる。ヒトの場合、[[13番染色体 (ヒト)|13番]]、[[14番染色体 (ヒト)|14番]]、[[15番染色体 (ヒト)|15番]]、[[21番染色体 (ヒト)|21番]]、[[22番染色体 (ヒト)|22番]]、[[Y染色体|Y]]、の6本がアクロセントリック染色体に分類される。<ref name="StrachanRead2010"/>
 
===サブテロセントリック===
セントロメアが染色体の端部のごく近くに位置する場合、それはサブテロセントリック染色体(Subtelocentric chromosome)と呼ばれる。ヒトはサブテロセントリックと分類される染色体は持たない。
 
===テロセントリック===
セントロメアが染色体の末端に位置する場合、それはテロセントリック染色体(Telocentric chromosome)と呼ばれる。たとえば一般的な[[ハツカネズミ]]の染色体はすべてテロセントリックである。<ref>{{cite book |first=Lee M. |last=Silver |year=1995 |chapter=Karyotypes, Chromosomes, and Translocations |chapterurl=http://www.informatics.jax.org/silver/chapters/5-2.shtml |title=Mouse Genetics: Concepts and Applications |pages=83–92 |isbn=978-0-19-507554-0 |publisher=Oxford University Press |location=Oxford}}</ref><ref>{{cite journal |pages=520–62 |doi=10.1038/nature01262 |title=Initial sequencing and comparative analysis of the mouse genome |year=2002 |last1=Chinwalla |first1=Asif T. |last2=Cook |first2=Lisa L. |last3=Delehaunty |first3=Kimberly D. |last4=Fewell |first4=Ginger A. |last5=Fulton |first5=Lucinda A. |last6=Fulton |first6=Robert S. |last7=Graves |first7=Tina A. |last8=Hillier |first8=Ladeana W. |last9=Mardis |first9=Elaine R. |journal=Nature |volume=420 |issue=6915 |pmid=12466850|last10=McPherson |first10=J.D. |last11=Miner |first11=T.L. |last12=Nash |first12=W.E. |last13=Nelson |first13=J.O. |last14=Nhan |first14=M.N. |last15=Pepin |first15=K.H. |last16=Pohl |first16=C.S. |last17=Ponce |first17=T.C. |last18=Schultz |first18=B. |last19=Thompson |first19=J. |last20=Trevaskis |first20=E. |last21=Waterston |first21=R.H. |last22=Wendl |first22=M.C. |last23=Wilson |first23=R.K. |last24=Yang |first24=S.-P. |last25=An |first25=P. |last26=Berry |first26=E. |last27=Birren |first27=B. |last28=Bloom |first28=T. |last29=Brown |first29=D.G. |last30=Butler |first30=J. |display-authors=8 }}</ref> ヒトはテロセントリックと分類される染色体は持たない。
 
===ホロセントリック===
染色体全体がセントロメアとして機能する場合、それはホロセントリック染色体(Holocentric chromosome)と呼ばれる。日本語では'''分散型動原体'''染色体(ぶんさんがたどうげんたい-)とも呼ばれる。この特殊なタイプの染色体は、[[動物界]]・[[植物界]]の中の様々な生物において見つかるが<ref>{{cite journal |pages=F33–8 |doi= 10.1083/jcb.153.6.F33 |title=Here, There, and Everywhere: Kinetochore Function on Holocentric Chromosomes |year=2001 |last1=Dernburg |first1=A. F. |journal=The Journal of Cell Biology |volume=153 |issue=6 |pmid=11402076 |pmc=2192025}}</ref>、一番有名な例は線虫の一種 [[C. elegans]] の染色体である。ヒトはホロセントリックと分類される染色体は持たない。
 
==脚註==
{{reflist}}
23,204

回編集