「特別指定選手」の版間の差分

m (→‎概要: ch lk)
 
== 沿革 ==
このシステムは[[1998年]]に'''強化指定選手'''という名称で始められ、当初は高校生のみが対象だった。[[矢野隼人]]([[1999年]]指定、当時の所属は[[帝京高等学校]])がヴェルディ川崎(現・[[東京ヴェルディ1969]])で出場したのが、この制度によって実際にJリーグの公式戦に出場した最初の例である。この前後にも毎年10人前後が強化指定を受けていたが、公式戦に出場できたのはごくわずかであった。
 
この反省に立ち、[[2003年]]から制度が変更され、現在の「特別指定選手」という名称に改められた。主な変更点は、大学生に対する門戸開放、指定期間の短縮(1年→4ヶ月)、Jリーグクラブからの能動的な申請(従来は協会側の推薦する選手に限られていた)などである。