メインメニューを開く

差分

 
=== 『プリンセス・シシー』 ===
[[1953年]]、14歳で寄宿学校を卒業。ほどなく母マグダ・シュナイダーの主演映画『Wenn[[再び白いライラックが咲いたら der weise Flieder wieder bluht(映画)|再び白いライラックが咲いたら]]』に出演する話がもち上がり、カメラテストに合格、マグダの娘役でドイツ映画界にデビュー。このデビュー作のみ、ロミー・アルバッハ=シュナイダーの名を使っている<ref name="佐々木34">佐々木、p.34</ref><ref name="ユルクス20-21,242">ユルクス、pp.20-21,p.242</ref>。<ref name="佐々木31-34">佐々木、pp.31-34</ref><ref name="ユルクス18-19">ユルクス、pp.18-19</ref><ref name="ザイデル54-77">ザイデル、pp.54-77</ref>{{#tag:ref|この後、マグダ・シュナイダーの映画出演作のほとんどは娘ロミーとの共演作である<ref name="佐々木200">佐々木、p.200</ref>。|group=#}}(以下、「ドイツ」は当時の[[西ドイツ]]、「[[ベルリン]]」は[[西ベルリン]]のこと)
 
順調に役がつき、3作目の『[[女王さまはお若い]]』で主役の[[ヴィクトリア (イギリス女王)|ヴィクトリア女王]]役に抜擢される<ref name="佐々木35">佐々木、p.35</ref><ref name="ユルクス26">ユルクス、p.26</ref>。翌[[1954年]]、同じ[[エルンスト・マリシュカ]]監督でオーストリア皇后[[エリーザベト (オーストリア皇后)|エリーザベト]]を演じたオーストリア映画『プリンセス・シシー』が大ヒット。全ヨーロッパで2500万人を動員し<ref name="佐々木43">佐々木、p.43</ref>、ロミーは16歳にして一躍ヨーロッパ映画界のトップスターとなる。{{#tag:ref|日本では『プリンセス・シシー』は[[1959年]]に当時の[[明仁|皇太子]]御成婚記念映画として封切られたが、興行的にふるわず、2・3は公開されなかった<ref name="佐々木44,322">佐々木、p.44,322</ref>。|group=#}}しかし、固定化された(ロミー曰く)「お粥みたいにくっついて離れない」<ref name="佐々木52">佐々木、p.52</ref>“ロミー・シュナイダー=シシー”のイメージは生涯にわたってロミーを苦しめることになる。
13,455

回編集