「浅野長直」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''浅野 長直'''('''あさの ながなお'''、[[慶長]]15年([[1610年]]) - [[寛文]]1112年[[7月24日 (旧暦)|7月24日]]([[16711672年]][[892815日]]))は[[江戸時代]]前期の[[外様大名]]。[[浅野家]]では初代の[[播磨国]][[赤穂藩]]主。5万3000石。[[赤穂藩]]の基礎を築いた名君として知られるが、どちらかというと[[元禄赤穂事件]]の[[浅野長矩]]の祖父としての方が有名。
 
[[慶長]]15年([[1610年]])、[[下野国]][[真岡藩]]主(のちに[[常陸国]][[笠間藩]]主)である[[浅野長重]]([[浅野長政]]三男。広島[[浅野家]]の傍流の一つ)の長男として生まれた。母は[[三河吉田藩]]主[[松平家清]]の娘。幼名は又一郎。
 
[[寛永]]8年([[1631年]])12月3日、従五位下[[内匠頭]]に叙任した。9年([[1632年]])10月29日、父の後をついで[[笠間藩]]主となる。11年([[1634年]])には幕府より[[駿府城]]城代に任じられ、13年([[1636年]])には[[江戸城]]西の丸の普請を手伝い、さらに[[大城]]の加番を命じられた。この在番中、[[赤穂藩]]主の[[池田輝興]]が発狂して正室の[[黒田長政]]の娘を殺害する事件が起こり[[池田氏|池田家]][[改易]]となった。幕命により城受け取りに赤穂へ赴いた浅野長直はそのまま[[赤穂藩]]主となり、以降、孫の長矩の代に改易されるまで浅野家が赤穂藩主をつとめることになった。
 
[[1649年]]([[慶安]]2年)から[[赤穂城]]築城工事を開始し、翌年完成させた(天守閣はなし)。またこの際に城下の整備も進められて上水道の設備などがおこなわれた。さらに[[姫路]]から浜人・浜子を入植させ、塩業村を興し、かの有名な赤穂[[塩]]の経営をはじめた。ついで塩水濃縮法による[[入浜塩田法]]を導入して大量増産をはかり、やがて赤穂[[塩]]は日本全国の塩の七割のシェアを占めるようになる。この入浜塩田法は、赤穂のみならず瀬戸内の諸藩の塩田に伝わっていった。
 
これら一連の[[赤穂藩]]の基礎を固めた業績で長直をもって[[赤穂藩]]歴代藩主で一番の名君とする向きが強いが、一方で長直は農民・塩田労働者から六割を超える高い年貢を取り立てたため、民からはとても憎まれていたらしい。[[1652年]]([[承応]]元年)~[[1660年]]([[万治]]3年)にかけては[[山鹿素行]]を1000石の高禄で赤穂へ招いて、彼から兵学を学び、家臣達にも講義を受けさせた。これによって山鹿流兵学や儒学は[[赤穂藩]]の学問の主流を形成することとなる。[[1665年]](寛文5年)に[[山鹿素行]]が[[幕府]]に睨まれて赤穂に流罪にされたときも罪人としてではなく師として迎え入れている。[[1671年]](寛文11年)に長男[[浅野長友]]に家督を譲り、翌年7月24日に死去した。[[享年]]63。この[[浅野長友|長友]]の長男が[[元禄赤穂事件]][[浅野長矩|浅野内匠頭長矩]]である。
 
== 関連事項 ==
[[Category:江戸の大名|あさのなかなお]]
[[Category:外様大名|あさのなかなお]]
{{生没年|あさのなかなお|1610年|16711672年}}