「デモンターブル」の版間の差分

[[蝶番|ヒンジ]]を採用する折りたたみ自転車の場合、コンパクトに折りたたむ事を第一としている事が多い。そのために車輪を小径とする事はほとんどである。小径の特徴として路面の凹凸を拾いやすい事が挙げられており、これは走行性能に直結する<ref>http://www.geocities.co.jp/keep_creating/bicycle/SmallWheelBicycle.html</ref>。もちろん小径の車輪を使ったデモンターブルにアレックス・モールトンがあるが、モールトンにはサスペンション機能が装備されている<ref>http://www.moultonbicycles.co.uk/features.html</ref>。それに対してデモンターブルは基本的に自転車を分割しただけなので、少なくとも設計上の走行性能は同じである。
 
デモンターブルの欠点としては、その煩雑な分割、組み立て工程が挙げられる。往々にして専用工具を必要とする事もあり、一定以上の自転車の構造の基礎知識を知っておく事が必須とな<ref>http://ja.surlybikes.com/bikes/travel_check</ref>。もし基礎知識を知らない人がデモンターブルを取り扱う事は容易ではない。反面折りたたみ自転車は自転車の構造を知らなくても勘弁に折りたためるものがほとんどである。
 
===現行モデル===