「デモンターブル」の版間の差分

編集の要約なし
}}
'''デモンターブル'''({{Lang-fr|démontable}})とは、[[ルネ・エルス]]のカタログ・モデルの名称である。日本国内では、省略して'''デモンタ'''と呼ぶこともある。[[自転車]]の[[フレーム (自転車)|フレーム]]のトップ・チューブとダウン・チューブの中間を分割して小さく持ち運べるようにしたものであり、「{{Lang|fr|démontable}}」を直訳するとフランス語で分割可能という意味である。ルネ・エルスのデザインの影響が大きかった日本では分割可能な自転車をデモンターブルと呼ぶのが通例になっている。逆に英語圏では「セパラブル(Separable)」と呼ばれる事もあるが、呼び方は一定していない。
 
ここでは広義の意味で「分割可能な自転車」という意味でのデモンターブルを説明する。
 
===分割機能の種類===
 
最近の工法では[[S&S Machine]]社のBTC[[カップリング]]などを溶接ないしロウ付けして装着する方法が増えている。この工法ではクロモリだけでなくチタン、一部の工房ではカーボンでも製作は可能<ref>http://www.sandsmachine.com/bp_calfe.htm</ref>となっているが、分割、組み立てには専用レンチを必要とする。基本フレームビルダーによるオーダーメイドか加工依頼をする必要があるが、後述のように一部マスプロ車種として生産もされている。
 
自転車の分割機能は上記に限らず、後述の販売されている製品の中には独自の工法でなされている事もある。これからも多様な方式が考えられうるものと思われる。
 
===需要の変化===
 
===折りたたみ自転車との違い===
広い意味で折りたたみ自転車とデモンターブルの明確な違いは曖昧である。中には[[バイクフライデー]]のように、折りたたみ自転車ともデモンターブルとも解釈しうる車種も存在する。あえてここでは折りたたみ機構に[[蝶番|ヒンジ]]などを使った折りたたみ自転車との差異を説明する。
[[蝶番|ヒンジ]]を採用する折りたたみ自転車の場合、コンパクトに折りたたむ事を第一としている事が多い。そのために車輪を小径とする事はほとんどである。小径の特徴として路面の凹凸を拾いやすい事が挙げられており、これは走行性能に直結する<ref>http://www.geocities.co.jp/keep_creating/bicycle/SmallWheelBicycle.html</ref>。もちろん小径の車輪を使ったデモンターブルにアレックス・モールトンがあるが、モールトンにはサスペンション機能が装備されている<ref>http://www.moultonbicycles.co.uk/features.html</ref>。それに対してデモンターブルは基本的に自転車を分割しただけなので、少なくとも設計上の走行性能は同じである。
 
[[蝶番|ヒンジ]]を採用する折りたたみ自転車の場合、コンパクトに折りたたむ事を第一としている事が多い。そのために構造として折りたたみ部分にヒンジを採用しており、かつ車輪を小径とする事が多い。もちろん品質によって大きな違いあるが、ヒンジは構造的に脆弱な部分になりやすく、安価な折りたたみ自転車は構造的な脆弱性を抱えているんどでいう報告もある<ref>http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20020509_1.html</ref>また小径の特徴として路面の凹凸を拾いやすい事が挙げられており、これは路面からの衝撃をフレーム、乗り手に敏感に伝えがちになり、少なからず車体の耐久性や走行性能に直結す関係してくる<ref>http://www.geocities.co.jp/keep_creating/bicycle/SmallWheelBicycle.html</ref>。もちろん小径の車輪を使ったデモンターブルにアレックス・モールトンなどもあるが、モールトンには走行性能を阻害しないためにサスペンション機能が装備されている<ref>http://www.moultonbicycles.co.uk/features.html</ref>。それに対してデモンターブルは基本的に自転車を分割しただけなので、少なくとも設計上の走行性能は同じであり、車輪の径が大きければ理論上フレームが負担する衝撃も少なくなる。
 
デモンターブルの欠点としては、その煩雑な分割、組み立て工程が挙げられる。往々にして専用工具を必要とする事もあり、一定以上の自転車の構造の基礎知識を知っておく事が必須となり<ref>http://ja.surlybikes.com/bikes/travel_check</ref>、基礎知識を知らない人がデモンターブルを取り扱う事は容易ではない。反面折りたたみ自転車は自転車の構造を知らなくても勘弁に折りたためるものがほとんどである。
:独特のトラスフレーム形状で小径車はあるが、自転車の広義にはデモンターブルの一種となる。分割は六角レンチ一本で可能。
*'''[[リッチー]]'''(Ritchey)/'''[[ダホン]]'''
:[[2004年]]より分割方式のフレーム「ブレイクアウェイ(Breakaway)」を販売。軽量で画期的な接合方式で[[シートポスト]]もフレームをつなぐ強度の一部として計算されており、六角レンチ一本で分割可能。その後折り畳み自転車メーカーの[[ダホン]]がリッチーの[[パテント]]の使用権を取得、[[リッチー]]ブランドと並行してブレイクアウェイフレームを使ったデモンターブルを自社ブランドとして製造している。[[2017年]]現在では分割可能なカーボンフレームが販売されている。
*'''[[サーリー]]'''(Surly)
:前述のBTCカップリングを装着したモデル「トラベラーズチェック」を[[2008年]]に、「ロングホールトラッカーデラックス」を[[2011年]]に発表、[[2016年]]には「ワールドトローラー」も発表した。
 
== 参考文献==