「酸と塩基」の版間の差分

 
物質によっては、純物質であっても自発的に共役酸と共役塩基に解離するものがある。この現象を[[自己解離]]と呼ぶ。例えば、水は通常の状態でわずかに[[オキソニウムイオン]]と[[水酸化物イオン]]に自己解離していることが知られている。
: <ce>2H2O\ <=>\ {H3O^+} + OH^-</ce>
 
:<math>\mbox{2H}_2\mbox{O} \overrightarrow\longleftarrow \mbox{ H}_3\mbox{O}^+ + \mbox{OH}^-</math>
 
== 強度 ==