「角運動量保存の法則」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (読点バグ総点検)
m
{{Indent|<math>\frac{d \vec{L}}{dt} = \vec{r} \times \frac{d \vec{p}}{dt} = \vec{r} \times \vec{F}.</math>}}
 
ここで、<math>\vec{r} \times \vec{F}</math> は、[[外力]] <math>\vec{F}</math> による[[トルク]] ([[力のモーメント]])である。また, [[運動方程式]] <math>d\vec{p}/dt=\vec{F}</math> を使った。この式の意味するところは, '''角運動量の時間変化は外力によるモーメントに等しい'''ということである。これにより、以下のことが分かる。
 
*もし外力がなければ、すなわち <math>\vec{F} = \vec{0}</math> ならば、当然 <math>\vec{r} \times \vec{F} = \vec{0}</math> であり、角運動量は保存される。
1,586

回編集