メインメニューを開く

差分

60.101.229.22 (会話) による ID:64091910 の版を取り消し
 
事件から12年後の[[2003年]]になって、[[北朝鮮による日本人拉致問題|北朝鮮による拉致]]の可能性を『[[週刊新潮]]』が[[警察庁]][[警備局]]の関係者の話として伝聞調で伝えて<ref>「失踪、記憶喪失の若人あきらも拉致被害者だった!」『週刊新潮』2003年9月4日号。</ref>、改めて事件がクローズアップされた。これらの北朝鮮拉致説について、若人の反応は、『週刊新潮』の取材申し込みに返答はなく、『[[サンケイスポーツ]]』紙が匿名の関係者からの伝聞の形で「そんなこと、あるわけないじゃないですか」と一笑に付していたことを伝えている<ref>[http://web.archive.org/web/*/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200309/gt2003090201.html 若人あきら、改め我修院達也がフジ月9で連ドラ初出演] サンケイスポーツ 2003年[[9月2日]]。</ref>。
 
== 監督としての活動 ==
我衆院達也は現在、監督としてショートムービーの制作に参加している。ショートムービーは30分程の長さで、株式会社goingが中心となって制作を行っている。この映画作成の主な目的としては、映画で出演した役者の演技を他の芸能関係者に見てもらい新たな大物の役者を生み出すということである。そのために、定期的にオーディションを行い、ほとんどもしくは全く芸能の仕事の経験がない人を集めて、映画に出演するにふさわしい役者を選定している。しかし、これは表向きの話で、実際の我衆院達也は監督の仕事をほぼ行っていない。ショートムービーの作成では、キャスティング、脚本、撮影、撮影時の指示、編集を全て演技指導の講師に任せている。本人はゲストとして簡単にショートムービーに出演しているが、それ以外は撮影現場でただ傍観しているだけである。場合によっては現場にいないことさえある。また、オーディションで出演者を集める際、goingは仮歌スタッフのアルバイト募集と称してネットで呼び込みをし、事務所に赴いた人にアルバイトではなくオーディションの話を持ち掛け、オーディションに参加させる流れにもっていかせる。オーディションは9割方落ちると言うが、実際は100%通過でき、通過した場合、映画に出るためには多少レッスンを受ける必要があるなどと言い、映画出演のために38万円ものレッスン料を出演者に支払わせる。養成所はgoingが系列するSORA Academyというところで半年間行うが、週に一回3~4時間で内容も非常に薄いものである。映画には辞退しない限り必ず出演できるが、小さな試写会を行う程度で、演技の良し悪しに関わらず、その後別の仕事の話が来ることは一切ない。YouTubeやニコニコ動画でその映画が一応アップされるが、再生数はあってないようなものである。要するに、我衆院達也という名前を釣り餌にし多額のレッスン料を支払わせるという非常に卑劣な行いをしている。
 
==ものまね==