「ハイリゲンダム」の版間の差分

(en:Heiligendamm15:05, 28 May 2006(UTC)より翻訳)
 
 
==歴史==
ハイリゲンダムはドイツのバルト海沿岸における最古の海岸リゾート地であり、貴族階級と上流社交界の優雅な会合場所として開発された。古風な建物が遊歩道沿いに並んでいるため、「海沿いの白い町」と呼ばれている。この町の最初の来賓であり、その人気を成長させる要因の1つともなった人物は、[[1793年]]のメクレンブルクのFriedrich Franz I世大公である。翌年、Johann Christoph、Heinrich von Seydwitz、Carl Theodor Severin,、Gustav Adolph Demmlerらは1793 から1870にかけて、入浴と宿泊に関する真のGesamtkunstwerkを作成した。その設立に従い、ハイリゲンダムは常にドイツでもっとも優雅な海岸リゾート地となっていた。1930年代にはいると、ロシア皇帝の家族を含むヨーロッパの上流貴族たちはこの地を夏の避暑地として使用した。第2次世界大戦後はハイリゲンダムはサナトリウムや回復病棟として使われた。悲しいことに、共産主義者の支配の元、有名な建物のいくつかが破壊され、より実用的な建物へと置き換えられた。ドイツ統一後は投資家グループが多くの建物を買い取り刷新を図った。[[2003年]]の春には、新しい建物であるケンピンスキーグランドホテルが開業した。開発により小さな裏通りが撤去されたため、居住者との間で対立が広がっている。
 
Heiligendamm is the oldest seaside resort in Germany at the Baltic coast, developed as the nobility and high society's elegant meeting place. Because of the classicist buildings along the promenade the town is called "White Town by the Sea". Its first guest, and the one responsible for its growth in popularity, was the Grand Duke of Mecklenburg Friedrich Franz I, in [[1793]]. In the following years Johann Christoph, Heinrich von Seydwitz, Carl Theodor Severin, and Gustav Adolph Demmler created a veritable [[Gesamtkunstwerk]] of bathing and lodging between 1793 and 1870. Following its establishment, Heiligendamm was always the most elegant seaside resort in Germany. Into the 30's the European high aristocracy, including the family of the Russian [[Czar]], used it as a summer getaway. After the [[Second World War]] the buildings of Heiligendamm were used as a sanatorium and recovery ward. Sadly, under communist rule, some of its famous buildings were demolished and replaced by more utilitarian structures. After the [[German reunification|reunification]] a group of investors purchased most buildings and conducted renovations. In the spring [[2003]] a new building, the [[Kempinski|Kempinski Grand Hotel]] was opened. Development has led to some conflict with residents, as smaller streets and bikepaths have been removed or rerouted.
 
==外部リンク==
1,077

回編集