「イザベラ・オブ・ヴァロワ」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:Isabela richard2.jpg|thumb|リチャード2世とイザベラの結婚]]
'''イザベラ・オブ・ヴァロワ'''(Isabella of Valois, [[1389年]][[11月9日]] - [[1409年]][[9月13日]])は、[[イングランド王国|イングランド]][[イングランド君主一覧|]][[リチャード2世 (イングランド王)|リチャード2世]]の2番目の王妃。[[フランス王国|フランス]][[フランス君主一覧|]][[シャルル6世 (フランス王)|シャルル6世]]と王妃[[イザボー・ド・バヴィエール]]の女で、フランス名は'''イザベル・ド・ヴァロワ'''(Isabelle de Valois)または'''イザベル・ド・フランス'''(Isabelle de France)。[[ブルターニュ公国|ブルターニュ]][[ブルターニュ君主一覧|公]][[ジャン5世 (ブルターニュ公)|ジャン5世]]妃[[ジャンヌ・ド・フランス (1391-1433)|ジャンヌ]]、[[ブルゴーニュ公国|ブルゴーニュ]][[ブルゴーニュ公一覧|公]][[フィリップ3世 (ブルゴーニュ公)|フィリップ3世]]妃[[ミシェル・ド・フランス|ミシェル]]、ギュイエンヌ公[[ルイ・ド・ギュイエンヌ|ルイ]]、トゥーレーヌ公[[ジャン・ド・ヴァロワ (トゥーレーヌ公)|ジャン]]、イングランド王[[ヘンリー5世 (イングランド王)|ヘンリー5世]]妃[[キャサリン・オブ・ヴァロワ|カトリーヌ]]、フランス王[[シャルル7世 (フランス王)|シャルル7世]]の姉。
 
[[1397年]]、[[百年戦争]]でフランスとイングランドの休戦を結ぶ条件として、7歳のイザベラがリチャード2世の王妃となる。しかし[[1399年]]、夫の従弟ヘンリー・ボリングブルック(後の[[ヘンリー4世 (イングランド王)|ヘンリー4世]])がリチャード2世を[[ロンドン塔]]に[[幽閉]]させると、イザベラもまた[[ロンドン]]北西のソニングに幽閉され、夫に会うことを禁じられ、翌[[1400年]]の夫の死すらも知らされなかった<ref name="森">森、P30。</ref><ref>城戸、P63、P81、ロイル、P69 - P70。</ref>。