「ジャンカルロ・ジャンニーニ」の版間の差分

m
カテゴリ付け替え(イタリアの俳優イタリアの男優
m (カテゴリ付け替え(イタリアの俳優イタリアの男優))
| 活動期間 =
| 活動内容 =
| 配偶者 = Livia Giampalmo (1967-1975)<br />Eurilla del Bono (1983- )
| 著名な家族 = [[アドリアーノ・ジャンニーニ]] (次男)
| 事務所 =
[[1973年]]に『愛とアナーキーの映画』で[[カンヌ国際映画祭 男優賞]]を受賞し、[[1974年]]に『[[流されて…]]』に主演、[[1977年]]には『セブン・ビューティーズ』で[[アカデミー主演男優賞]]にノミネートされるなど、一連の[[リナ・ウェルトミューラー]]監督作品で世界的に知られるようになった。
 
[[1960年代]]後半から[[アメリカ合衆国|アメリカ]]資本の作品にも出演していたが、[[1980年代]]からアメリカ映画への出演が増加、[[1989年]]公開の『ニューヨーク・ストーリー』、[[1995年]]公開の『雲の中で散歩』、[[1997年]]公開の『ミミック』などに出演、特に[[2001年]]に出演した『[[ハンニバル (映画)|ハンニバル]] 』のパッツィ刑事役は彼の存在を強烈に印象づけた。テレビと映画を合わせた出演作品は100本を超える。
 
[[2014年]]9月、初の[[自伝]]“Sono ancora un bambino (ma nessuno può sgridarmi)”を上梓。携わってきた作品や監督・共演者についてのエピソードのほか、故郷リグーリアへの愛や自身の生い立ちと家族、夭折した長男への思い、料理と発明への情熱などを綴っている
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:しやんにいに しやんかるろ}}
[[Category:イタリアの優]]
[[Category:007シリーズの出演俳優]]
[[Category:リグーリア州出身の人物]]