「江川卓 (ロシア文学者)」の版間の差分

→‎ペンネーム: 要検証タグを除去、ついでに少し加筆整理
(→‎ペンネーム: 要検証タグを除去、ついでに少し加筆整理)
 
== ペンネーム ==
ペンネームの「江川卓」は、1953年頃から名乗っている<ref name="現代-1984-06" /><ref name="月刊Asahi-1991-01" />。本名と無関係のペンネームを使用したのは、戦後間もない頃の、[[ロシア文学]]に携わっていると[[共産主義者]]であると疑われていたような時代に、秘密の文学サークルを作って活動していた名残である。
 
由来は、中国の[[揚子江]]で酒を呑んだらうまかろうという思いから<ref>[[朝日新聞]]東京本社企画報道部編『惜別 忘れ得ぬ人たち』[[主婦の友社]]、2003年、p16</ref>。
 
[[読売ジャイアンツ]]の野球選手だった[[江川卓 (野球)|江川卓]](えがわ・すぐる、こちらは本名)と読み方こそ違えど漢字が同じであるため、[[江川事件]]の際には巨人の選手と混同した野球ファンから大量の間違い電話がかかってきた<ref name="gendai現代-1984-06">江川卓(ロシア文学者)、「同姓同名の快」<!-- 「怪」ではなく「快」で合っています。 -->、『[[月刊現代|現代]]』18巻6号(1984、1984年6月号)、432-433ページ。</ref><ref name="月刊Asahi-1991-01" />。間違い電話の内訳は、悪口が3回に対して激励が2回という感じで<ref name="gendai現代-1984-06" />、同姓同名であるためか悪口も激励も身につまされたという<ref name="gendai現代-1984-06" />。またこれも偶然であるが、ロシア文学者の江川は[[プロ野球]]誕生期からの巨人ファンでもあった<ref name="gendai現代-1984-06" />。
 
{{要検証範囲|後同姓同名両者は後に[[月刊Asahi]]での両者企画で対面した<ref name="月刊Asahi-1991-01" />。そ席上、[[1978年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1978年のドラフト]]の際に迷惑がかかったことについて、野球の江川卓がロシア文学者の江川卓に謝罪している<ref name="月刊Asahi-1991-01">染<!-- 「染」は記事の著者名です -->、「同姓&同名① 江川卓さん 野球解説者/ロシア文学者」『月刊Asahi』第3巻第1号、1991年1月、246ページ。</ref>。|date=2017年5月|title=朝日ジャーナルでは「ロシア文学者の江川と野球の江川との対談記事」が見当たりません。対談記事があったとすれば別の雑誌だと思われます。}}
 
==著書==