「ザイログ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 歴史 ==
[[1974年]]、米[[インテル]]社の社員であった[[フェデリコ・ファジン]]達<ref>"Zilog Corp."を起業したのは、エンジニアであり起業家として"Ralph Ungermann"の名を挙げる資料もある。</ref>が[[スピンアウト]]して新たな[[半導体素子|半導体]]製造会社"Zilog Corp."を起業した。ファジン達はなおザイログ社"Zilog Corp."設立する起業した人物してテル社ジニア共に[[Intel 4004|4004]]あり起業家[[Intelして"Ralph 8080|8080]]Ungermann"開発に従事した[[嶋正利]]らと共に、独自の[[マイクロプロセッサ]]の開発始めた。まもなく8080の上位互換であ挙げZ80マイクロプロセッサ(=CPU)が完成し、性能が良好で8080よりも扱いやすいこと資料もありビジネスを軌道に乗せことに成功した。また、同時に周辺デバイスもラインナップに加えた。8ビットCPUであったZ80は後発ながら8080や6800と対等に、育ち始めたデジタル制御機器類や事務用/家庭用の[[マイクロコンピュータ|マイコン]]市場を占有した
 
ファジン達は、ザイログ社を設立すると、インテル社で共に[[Intel 4004|4004]]と[[Intel 8080|8080]]の開発に従事した[[嶋正利]]らと共に、独自の[[マイクロプロセッサ]]の開発を始めた。まもなく8080の上位互換であるZ80マイクロプロセッサ(=CPU)が完成し、性能が良好で8080よりも扱いやすいこともありビジネスを軌道に乗せることに成功した。また、同時に周辺デバイスもラインナップに加えた。Z80は後発ながら8080や6800と対等に、育ち始めたデジタル制御機器類や事務用/家庭用の[[マイクロコンピュータ|マイコン]]市場を占有した。
 
やがて8ビットCPUからさらに処理性能の高い16ビットCPUの技術開発へと進み、デジタル半導体メーカーの新たな開発競争の舞台となった。
16ビットCPUとしては、1978年にインテル社から[[Intel 8086|i8086]]が、1979年末に[[モトローラ]]社から[[MC68000]]がそれぞれ出荷されたが、1979年に出荷が始まったザイログ社Z8000シリーズは、インテル社が8ビットCPUである8080の命令コードを[[アセンブリ言語|アセンブラ]]レベルではそのまま実行できるように16ビットCPUのi8086を設計していた<ref>16ビットCPUであるi8086の命令体系が8ビット世代の8080のそれの上に「屋上屋架した」ことでコンピュータ・アーキテクチャ的1979年は複雑なものとなり、当時のエンジニア達の一部からは「汚い設計」だと不評だった{{要典|date=2012年3月}}。インテル社はこの汚い設計によって、結果としてビジネス的には大成功た。</ref>のに対して、モトローラ社とザイログ社の16ビットCPUでは命令体系全体を再設計し直たため、2社の製品は市場への普及は限定的だった。
 
モトローラ社とザイログ社の16ビットCPUでは命令体系全体を再設計し直たため、2社の製品は市場への普及は限定的だった。対してインテル社の16ビットCPUのi8086は、8ビットCPUである8080の命令コードを[[アセンブリ言語|アセンブラ]]レベルではそのまま実行できるように設計されていた。16ビットCPUであるi8086の命令体系が8ビット世代の8080のそれの上に「屋上屋を架した」ことで、コンピュータ・アーキテクチャ的には複雑なものとなり、当時のエンジニア達の一部からは「汚い設計」だと不評だった{{要出典|date=2012年3月}}。インテル社はこの汚い設計によって、結果としてビジネス的には大成功を収めた。
 
その後、シングルチップ・マイコンでZ800シリーズを開発したほか、各社のマイクロプロセッサと直結できる高性能な周辺デバイスをシリーズ化。これらは一時期のザイログ社を支える製品に成長した<ref>SCC(Z8530) は、アップル社の[[Macintosh]]やシャープの[[X68000]]でも採用された。</ref>
 
その後は商業的に恵まれず、[[1998年]]にはTexas Pacific Groupに買収された<ref>[http://www.referenceforbusiness.com/history/Vi-Z/ZiLOG-Inc.html ZiLOG, Inc. ] - </ref>。[[2002年]]初旬に[[連邦倒産法第11章]]の適用を受け、Texas Pacific GroupはZilog社を手放した。Zilog社は、[[2010年]][[2月18日]]に米国カリフォルニア州に本社を持つIXYS Corporation (NASDAQ:IXYS) に買収された<ref>[http://www.zilog.com/index.php?option=com_news&Itemid=147&headno=40 Acquisiiton of Zilog by IXYS Corporation] - ザイログ社Web ニュースリリース 2010年2月18日付 (英語、2011年1月21日確認)</ref>。
匿名利用者