メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
[[17世紀]]初頭から続いた[[三十年戦争]]を経て成立した[[ヴェストファーレン体制]]を端緒とし、さらに[[18世紀]]の[[オーストリア継承戦争]]や[[七年戦争]]などによる、政体としての神聖ローマ帝国の形骸化は誰の目にも明らかであった。さらに[[フランス革命]]を受けた[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]][[フランス第一帝政|帝国]]の出現で、中世以来の神聖ローマ帝国は名実ともに消滅した。ハプスブルク家は、事実上の国家を形成していた中東欧に広がる[[オーストリア大公国]]の支配領域([[ハプスブルク君主国]])をもってオーストリア帝国を形成、帝室の勢力圏を再編成した。1822年、君主国は[[フランチェスコ・デ・タシス2世|帝国郵便]]のタクシス家]]に[[ボヘミア]]の国家領[[:en:Chotěšov Abbey|ホティーシャウ]]を108万9200グルデンで売却した。
 
この時期の前半は[[ナポレオン戦争]]とその後の[[クレメンス・メッテルニヒ|メッテルニヒ]]時代であり、後半は[[1848年]]「[[諸国民の春]]」による[[ウィーン体制]]崩壊後の[[フランツ・ヨーゼフ1世]]時代前半である。
1,430

回編集