「シアン酸」の版間の差分

m
(示性式を分子式に変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎性質: pKa)
 
== 性質 ==
水にわずかに溶解し、[[酢酸]]よりやや強い酸で、[[酸解離定数]] Ka=2.2×10<sup>-4</sup>(25℃)、{{pKa}}=3.48である。水中では不安定で低温では数時間溶液として存在するが、[[加水分解]]が進行して[[炭酸水素アンモニウム]]となる。一方、非プロトン溶媒の[[ジエチルエーテル|エーテル]]、[[ベンゼン]]、[[アセトン]]中では比較的安定(数週間)な溶液となる。
 
種々の有機化合物(求核剤)と反応し、[[アルコール]]から[[ウレタン]]、[[アミン]]からウレイン、[[アミド|酸アミド]]からウレイドを生成する。アンモニアと反応すると、一旦、アンモニウム塩([[シアン酸アンモニウム]])を形成するがさらに尿素へと反応する。