「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

編集の要約なし
|アクセス=[[広島電鉄|広電]][[八丁堀停留場|八丁堀電停]]から[[中央通り (広島市)|中央通り]]を徒歩5分、[[パルコ]]新館南隣
|HP=
|特記事項=
}}
'''広島宝塚'''(ひろしまたからづか)は、[[広島市]][[中区 (広島市)|中区]]([[中央通り (広島市)|中央通り]])にかつて存在した[[東宝]]系の[[映画館]]である。
 
== 概要 ==
 
[[1949年]]、地元有志が東宝と提携し、『新天地株式会社』(当初は広島東宝劇場株式会社)が設立され、[[1951年]][[9月22日]]、総工事費2千5百万円をかけて『新天地劇場』が開場した。当初は映画上映と実演興行を交互に行う劇場だったが、[[1952年]]8月に東宝に経営権が移り『広島宝塚劇場』になる。[[1971年]]8月に閉館時まで使われる建物に建て替えられ、最盛期には4スクリーンを有する映画館だった。
 
 
== 沿革 ==
[[File:Setsuko Hara in Early Summer.jpg|thumb|250px|開館番組だった『麦秋』(1951年)]]
[[File:解体工事中の旧広島宝塚会館.JPG|thumb|解体工事中の様子。]]
* [[1951年]][[9月22日]] - 前身となる「'''新天地劇場'''」がオープン。こけら落としは[[小津安二郎]]監督の『[[麦秋 (1951年の映画)|麦秋]]』。
匿名利用者