「アントニ・タピエス」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{スペイン語圏の姓名|タピエス|プイグ}}
[[ファイル:Antoni Tàpies i la fundació IDIBELL.jpg|thumb|right|アントニ・タピエス]]
'''アントニ・タピエス・イ・プイグ'''('''Antoni Tàpies i Puig'''、[[1923年]][[12月23日]] - [[2012年]][[2月6日]]<ref>[http://www.fundaciotapies.org/site/spip.php?rubrique64] Fundació Antoni Tàpies </ref>)は[[スペイン]]の現代[[芸術家]]。スペイン・[[バルセロナ]]生まれ。[[20世紀]]の[[現代美術]]の巨匠の一人と言われている。
 
[[1950年]]に初めての個展を[[バルセロナ]]で開催、以後[[パリ]]に居を移す。タピエスは、初期の頃は[[パウル・クレー]]などに影響を受けた[[シュルレアリスム]]の[[画家]]としてキャリアを始めたが、その後すぐ[[抽象表現主義]]に進み、美術用画材ではないものを利用した芸術である「[[アルテ・ポーヴェラ]](Arte Povera)」スタイルで創作活動を行う。[[1953年]]には[[ミックス・メディア]]での創作を開始、後にこれが彼の芸術への最大の貢献と評価される。このスタイルの一つの例は、粘土と大理石粉を[[絵具]]に混ぜ、廃紙、糸、絨毯などを使用している(灰色と緑の絵(Grey and Green Painting・1957年)、[[ロンドン]]・[[テート・ギャラリー]]収蔵)。
14,490

回編集