「生命保険料控除」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
== 概要 ==
納税者が一定の条件を備えた生命保険契約等に係る保険料または掛金を支払った場合に、その年に支払った保険料等をもとに計算された所定の控除額が[[総所得金額]]等から控除される。契約者配当金等を控除した正味払込保険料が控除対象となる。実際に保険料を負担した人が対象者になり、必ずしも保険の契約者が対象者になるとは限らない。
 
[[確定申告]]又は[[年末調整]]において、原則として「生命保険料控除証明書」が必要とされる。
控除は契約内容に応じて、「一般生命保険料」、「介護医療保険料」、「個人年金保険料」に区分される。
 
その上で平成24年1月1日以後に締結した保険契約等(新制度)に係る保険料(新保険料)と、平成23年12月31日以前に締結した保険契約等(旧制度)に係る保険料(旧保険料)とに分けて、控除額の計算をする。なお、介護医療保険料控除は新保険料のみとなる。
 
=== 新保険料 ===