「ミラノ〜サンレモ」の版間の差分

m
→‎コースレイアウト: 英語での表現を日本語に変換
m (→‎コースレイアウト: 英語での表現を日本語に変換)
前述の通り全ワンデーレースで最長距離を走るのが特徴。コースレイアウトは年により若干微調整されるが基本的には変更が無く、スタートとゴール地点も名前の通りミラノとサンレモに固定される。
 
勝負所は主に3つ、最初からだらだらと登る事になるトゥルキーノ峠。雨が降った場合にはここからのダウンヒルが非常にデンジャラスな物に店頭の危険性が高いものとなり、競技時での平均速度域も高いだけに転倒してしまうと鎖骨骨折の危険性が高まる。
 
2つめはレ・マニエ峠。5kmで318mを登る、平均勾配6.36%というコース中最大平均勾配を持つこの峠がスプリンターの足を削りに来る。