「特異度」の版間の差分

m
読み仮名
m
m (読み仮名)
{{Medical}}
'''特異度'''('''とくいど''')とは、医学検査の性格を決める指標の1つで、ある検査について「陰性のものを正しく陰性と判定する確率」として定義される値である。特異度が高いことを'''特異的である'''という。
 
特異度が高い(特異的である)、とは、「陰性のものを正しく陰性と判定する可能性が高い」、あるいは「陰性の者を間違って陽性と判定する可能性が低い」という意味である。