メインメニューを開く

差分

Description of political relations betwen Republic of Slovenia and Japan.
=== 政治問題 ===
スロベニアはユーゴスラビア時代から経済的な先進地域であり、ユーゴスラビア紛争が収束する中でセルビア人、クロアチア人労働者を受け入れてきた。しかし、EUではEU内の労働者の移動、就労は自由化されるが、一方でEU外の労働者の受け入れは厳しく制限される。そのため、2004年のEU加盟に前後してセルビア人労働者を制限する方向に転換しており大きな政治焦点になっている。
 
=== 経済 ===
スロベニアが 独立した1991年の一年後に、両国が国交を結んだ。2006年には、スロヴェニアで在スロベニア[[大使館]]と[[領事館]]が開かれた。在スロベニア大使館だけではなく、スロヴェニアの外務省の日本局とも国際関係を結んだ。これままでには[[文仁親王妃紀子]]や[[武藤容治]][[外務副大臣]]らがスロヴェニアを御訪問された。また、スロヴェニアから日本を訪問した代表団もある。2016年9月30日に、[[岸信夫]][[外務副大臣]]とシモナ・レスコヴァル駐日スロベニア大使との間で、租税条約の署名が行われた。[[ミロ・ツェラル]]首相は日本に訪問し、[[安倍晋三|安倍]] 首相と共に二国間関係を 確認しました。
 
== 地方行政区分 ==
4

回編集